« 2月の平日ツーリング | トップページ | ドロップアウトの奨め (^^) »

2011年2月18日 (金)

バイクの旅情、伊豆の踊子


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ今日もポチよろしく!


Th_img_2713

↑↑↑画像をクリックしてみてshine

湯ヶ島の二日目の夜、宿屋へ流して来た。踊り子が玄関の板敷きで踊

るのを、私は梯子段の中途に腰を下して一心に見ていた。(湯本館にて)


Th_dsc09999_2

宿の部屋に置いてある「伊豆の踊子」を一気に読む。湯ヶ島、天城峠を

越えて下田に向かう旅芸人一座と道連れになった、孤独に悩む青年の

淡い恋と旅情を描いた短編。川端康成が19歳の時の伊豆での実体験

を元に27歳の時に世に出た名作。けど、俺は映画でしか知らんかった。


Th_img_2768_2

↑↑↑画像をクリックしてみてshine

主人公達が湯ヶ島から天城峠を越え、数日かけて下田まで旅する行程

を今の俺はバイクで僅か1時間で走ってしまう。海に桜にキャンプに温

泉にと、伊豆にはもう何百回と来てるけど、康成が描いた心豊かな旅情

にはまだ全然行き着いてないわ。解ったような気分になってただけやな。


Th_dsc09989

ノーベル文学賞。言葉一つに色んな意味や趣がある難しい日本語。康

成が描く美しい日本の叙情を外人が評価したのはよほどの事やと思う。

俺のバイクのテーマは「心の原風景」。俺ももっと心の琴線に触れる旅

がしてみたいと改めて思った。月ヶ瀬の梅林もまだつぼみ、伊豆も深い。


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 2月の平日ツーリング | トップページ | ドロップアウトの奨め (^^) »

journey」カテゴリの記事

コメント

昨日バイク好きな友達に会いました。このブログ見たら琴線に触れたようで、ものすごい食い付いていました。ほかにも栄養ちゃんと摂りたいって思ってることとか、会社うまくいってるけど今後の備えはしようと思ってることとかが分かり、是非力になってあげたいと思いました!

ところがどっこい!

他所でサインしてました\(^o^)/

投稿: 真木風樹 | 2011年2月18日 (金) 09時50分

いつも楽しく拝見してますが今日のブログ格別好きです。心にしみました。
つい解った気になってしまう事がよくありますが五感が研ぎ澄まされると同じ風景が全く違って見える。自分が何も見ていなかった事、聴いていなかった事に気付く。
keishyuさん、ありがとうございます。

投稿: ゆうこ | 2011年2月18日 (金) 10時46分

伊豆の踊子、実はまだちゃんと読んだ事がありません(^_^;)
小学生の時に少し読んで挫折。
読むには若すぎたのかもw
ブログ拝見してたら思い出しました
また読んでみよっかな♪(´ε` )

投稿: わかがしら | 2011年2月18日 (金) 11時39分

国語の教科書に載ってるような文学物は、どうも苦手で避けて通ってますが、伊豆の踊り子は、ある意味、僕の好きなロードムービー的な作品とも言えますかね…?

投稿: わかだんな | 2011年2月18日 (金) 15時44分

私もわかがしらさんと同じく、ちゃんと読んだことがありません。
伊豆の踊り子の冒頭は有名なのに・・・。
今から書店に駆け込みますrun

投稿: こんちゃん | 2011年2月18日 (金) 17時56分

keishyuさんの話を聞いたりすることで、日本がとても好きになりました(*^o^*)
伊豆の踊子も読んでみようo(^▽^)o

投稿: へちま | 2011年2月18日 (金) 19時09分

川端康成と言えば、伊豆の踊り子!
知ってるつもりになって、実は知らない、読んでない....
こんなことがいっぱいある気がする。
バタバタして、ゆっくり読書の時間が取れないなんて情けないな。
ちゃんと意識しよう!

投稿: Akemi | 2011年2月18日 (金) 19時17分

伊豆の踊子、私も映画でしか観たことない事に気付きました。
川端康成の19才の時の実体験なんですね。初めて知りました。

日本語ってすごいですよね、雨ひとつとっても、霧雨、時雨、五月雨、氷雨...たくさん。四季があるからこそ、そしてそれを愛する心が日本人にはあるから日本語は美しいんだと思います。そんな事感じるようになったのは最近ですが(*^-^)

投稿: akke | 2011年2月19日 (土) 00時31分

地球の鼓動を感じるコトがバイクやサーフィンでできるなら絶対にしなきゃ!
そぅ思います(^-^) まずは私は、教習所から(^_-)
旅の琴線に通ズルなんて、夢のまた夢って思う私にもブログを拝見していると
近く近く感じてきます。 なんか嬉しい‼

投稿: ちゃあこ | 2011年2月19日 (土) 00時46分

ちゃんと読んでないですね〜

おっしゃる通り歩かなければ

本質には触れる事が出来ないかもしれませんね・・

でも、文明の利器を駆使して

松尾芭蕉でも川端康成でも

足跡に少しかもしれないけど

触れられる楽しみが我々にはありますよね!

投稿: のぶ太 | 2011年2月19日 (土) 01時22分

>風樹

旦那、動いてるから話してるからそんなドッコイな奴にも出会えるわけでサ。
最近オフクロがメンバーだけど息子はうちでサインなんて事が続出してるよ。
あながち、がっかりすることでもあるめぇが〜 (^-^;

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 14時38分

>ゆうこ

それはな…俺のブログが特別ナイスな事書いてるんやのうて、キミのその時の気分と
ピッタリ合ったということだと思うよ。
できたらいつも心に染みてほしいけど、そういうわけにもいかんもんなぁ。
たまにたった1人にむかってブログ書いてることもあるけど、そういう時に限って相手には全然伝わってなーい (;ω;)

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 14時45分

>わかがしら

そうやねぇ、小学生にはちょっと難しいかもしれんな。
文脈はなんとか解っても、情景や叙情をイメージすることはむつかしい…。
短編なんですぐに読めるので、ぜひサラッと book

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 14時50分

>こんちゃん

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら…
短編小説は読みやすくて俺は好きだね happy01

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 14時54分

>わかだんな

ロードムービーとはちょいと違うけど。
だんなは日光という由緒ある街の出身なんだから、もう少し文学的、歴史的な話も聴きたいと思ってるねんけど。
今からでも遅くないので、日光の歴史などを勉強してくみたら?
人間の幅が拡がって仕事にも生かされてくるのとちがう ( ̄▽ ̄)

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 14時58分

>Akemi

バイクでのんびり旅をしてるといろんな町でいろんな話が聞けるからね。
俺も知ってるようで知らなかったことが一杯あって、旅館に置いてある本を読みあさったりする。
こんなことならあらかじめ小説でも読んでおけば、もっと景色の見え方も違ったのになぁ…なんてことがままあるよ (゚ー゚;

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 15時03分

>へちま

日本のこともっともっと知って好きになって下さい。
そのほうが外国に行って、美しい景色や文化に触れた時にもっと感動が大きくなるから!
元旅行会社の経営者が言ってるんだから、間違いないと思うで scissors

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 15時05分

>akke

そうなんよねぇ。
その日本語の小説で外国人をも認めさせるノーベル賞を獲るのだからすごいと言わざるえんよな。
日本にはもう1人ノーベル文学賞を獲った人がいるけど、俺は個人的に好きではないので無視 happy02

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 15時09分

>ちゃあこ

日本はせまい国なのに、俺はまだなんにも知らんことに愕然とするわ。
ネットもない昔の人は、康成のように、どうしてこの国のこの国らしい叙情を知り得たのか…不思議やな。
うーん、そう考えたら120歳くらいまでピンピンで生きたいもんや sweat01

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 15時13分

>のぶタン

おっしゃる通りです。
俺も今さら天城峠や奥の細道を歩いて旅の叙情に浸りたいとは思いません。
その意味でバイクは、文明の利器であるにも関わらず、風も雨も音も臭いも感じれるし、どこでもすぐに停めて情景を楽しむことができますからね。
やっぱり最高ですね winkscissors

投稿: keishyu | 2011年2月19日 (土) 15時18分

keishyuさん
実は今伊豆の踊子の舞台になっている大島の波浮港の前にいます。
街並みが古くからある感じで感性をかなり揺さぶられます。

また東京から移住された熱い志を持つ方とお話しして来たので、大島に行かれることがあったらぜひ声かけてください!

投稿: 高橋雅俊 | 2011年2月19日 (土) 18時13分

>雅俊

大島!!!
何してるん?ダイビング?
昔の仕事上、伊豆七島は身近な存在やった。
でも大島、利島、新島、神津島、御蔵島、三宅島、八丈島、これらの環境が全て東京都だと驚きやね。
いろんな人が住み着いてると聴いてるので、また紹介しておくれ (^^)/

投稿: keishyu | 2011年2月20日 (日) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/50902364

この記事へのトラックバック一覧です: バイクの旅情、伊豆の踊子:

« 2月の平日ツーリング | トップページ | ドロップアウトの奨め (^^) »