« 染みる〜サンセット ① | トップページ | 出でよ!スーパーXRな女 »

2011年2月 1日 (火)

プロが選ぶ日本一の旅館


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ清き1票、ポチしてね!

旅行新聞社が主催する旅行会社のプロが選ぶ日本のホテル・旅館100

選の総合部門で、今年も石川県和倉温泉の加賀屋が第1位に選ばれた。

これで32年連続というから本当に凄い話や。旅行好きなら誰でも知って

る旅館やけど、元業界人のくせして俺は最近まで全然知らんかったんよ。


Th_dsc00305_2 14.oct.2008

3年前にツーリングで能登半島を走った時、北陸道のSAで仲間が財布

を置き引きにあって意気消沈してた。そこで験直しにパーっといこうぜっ

てことで能登で一番贅沢な旅館に泊まろうぜと…探したのが加賀屋やっ

た。ところが当日にそんな人気宿が取れる訳もなく…仕方なく奥の手を。


Th_dsc00285_2 13.oct.2008

「ご無理な事でもお申しつけ下さい。」と某クレジットカードのサービスを

思いだし電話すると、暫くして「特別にご用意できました。」と連絡があ

った。ラッキー!加賀屋に到着したのは夕方の6時、既に夕食時で静か

な玄関に響くハレーの排気音、驚いたように仲居さん達に出迎えられた。


Th_dsc00343_2 14.oct.2008

用意された部屋は雪月花という和倉湾を一望できる高層で贅沢な部屋。

仲居さんが「当日特ヨロ」印のお客様だからどんな方がお見えになると

かと思ってたらバイクの轟音が…と驚いた顔。因みに「特ヨロ」とは業務

用語で「特別にヨロシク」。さすがハーレーいやプレミアムの威力やなshine


Th_dsc00308_2 14.oct.2008

居住性の高い客室や贅を尽くした料理、お客を楽しませる様々な施設、

教育の行き届いたスタッフの接客等、どれをしても確かに超一流の内容。

今まで何度も大型の旅館に泊まった事はあるけど、こんな行き届いたサ

ービスは経験がないわ。俺の写真では判らんので↓を贅の極みを参照。


和倉温泉spa加賀屋

加賀屋のサイトはコチラを参照sign01


仲間同士とか贅沢を味わいたい向きには最高やね。しかし温泉場として

考えた場合、今の俺みたいに“本物の温泉”を探求する向きには少し仰

々しすぎる。これだけの収容客が入れる浴槽となると湯量の確保や加水、

加温、掃除の問題もある。まあプロが選ぶ1位であって顧客が選ぶ1位

やないのでプロも少し温泉を研究せんとな。顧客が選ぶ100選も欲しい。


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 染みる〜サンセット ① | トップページ | 出でよ!スーパーXRな女 »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

日本人は特におもてなしするのも、されるのも大好きなんでしょうね。31年連続日本一の秘訣は、「お客様がお客様を呼ぶ経営」のようですね♪

投稿: こんちゃん | 2011年2月 1日 (火) 19時12分

プロよりkeishyuさんの方が、選ぶ目厳しそうですね。
100選の本、出して欲しいくらいです(*^-^)

投稿: akke | 2011年2月 1日 (火) 23時48分

本物の温泉旅館…風情豊かなおもてなし(^-^)。格別!
私は子どもの頃、近くの不老不死温泉に毎日、行ってました。
…今はもうなんちゃってに近い温泉なのかな^^; やっぱり、本物づくしがイイな。

投稿: ちゃあこ | 2011年2月 2日 (水) 00時40分

“特ヨロ”は豪華過ぎて私はすっかり腰が引けちゃいましたcoldsweats01
それぞれ好みがありますが、私は大内宿のような茅葺が性にあいますねwink

投稿: POOYANG | 2011年2月 2日 (水) 02時08分

>こんちゃん

お客さんをもてなす…という意味では妥協のない徹底したプロ意識を感じたね。

投稿: keishyu | 2011年2月 2日 (水) 16時45分

>akke

日本の伝統、生成りの文化…風情とか情緒に関しては、やはり大量集客の
施設では無理があるかと思う。
熱海、別府などの有名温泉街がさびれたのは温泉文化のかけ違いの結果と。
その意味で加賀屋はよーく研究されてるとは思う。

投稿: keishyu | 2011年2月 2日 (水) 16時49分

>ちゃあこ

房総にも不老不死温泉ってあるの?
俺は今度青森県の不老不死温泉に行ってみたいと思ってるんよ (^o^)

投稿: keishyu | 2011年2月 2日 (水) 16時51分

>POOYANG

一流の有名な大型旅館には当然「特ヨロ」が存在するんや。
しかし山奥のひなびた“本物の温泉”ではあり得ない話かもね。
好みのニュアンスはよーくわかるけど、「特ヨロ」サービスが好きな人が
世の中には沢山おるんよ。俺も嫌いではない (^_^;)

投稿: keishyu | 2011年2月 2日 (水) 16時57分

特ヨロって何ですか?特定のヨーロピアンですか?特別な人for養老孟司ですか?僕も養老孟司の特別な人がバイクで来たら、ちょっとびっくりしますね。

心の原風景はいつもいつも本当に考えさせられるブログです。

投稿: 真木風樹 | 2011年2月 2日 (水) 16時57分

>風樹

いつも笑わせてくれて、ありがとう (^o^)
ヨーロピアンでも養老孟司でもないんやけどね、特にヨロヨロのおっさん
バイカーやから注意したって!…のわけないやろ。
キミもダイヤになればその意味も味も判るってもんよ。がんばりや!

投稿: keishyu | 2011年2月 2日 (水) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/50747746

この記事へのトラックバック一覧です: プロが選ぶ日本一の旅館:

« 染みる〜サンセット ① | トップページ | 出でよ!スーパーXRな女 »