« 日本一の村の温泉宿 | トップページ | 富山☆彡 »

2011年4月29日 (金)

道があるなら何処でも行く!


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ写真全12枚、ポチして見てね!


Th_dsc01661

13日。バイク旅は山深い狭路を選択することもある。奈良の十津川村

から和歌山の龍神村へ抜けるR425。約45㎞の秘境はこれでも国道。


Th_dsc01671

↑↑↑クリックすると画像が拡大しますflair

夜は走れないねぇ。デカい岩をくり抜いたトンネルなんかあったりしてね。


Th_dsc01701

↑↑↑クリックすると画像が拡大しますflair

吊り橋があると取り敢えず渡ってみる…さて今回は渡れたでしょうか?


Th_dsc01792

サスチューニングの違いを実感できる道です。昼でも薄暗い杉林を行く。


Th_dsc01709_2

strong>↑↑↑クリックすると画像が拡大しますflair

こんな山奥にも集落があるんやなぁ。手前の細い道がR425ですがdash


Th_dsc01735

皆、フロントサスを強化してるので前ブレーキだけでガンガンいけまっせ。


つづきは↓↓↓をクリックしてください!


Th_dsc01751

↑↑↑クリックすると画像が拡大しますflair

道の駅・龍神に到着。このバイク、実は先月のクラブハーレーに載った。


Th_dsc01807

ここからは高野龍神スカイラインを快走!俺の初ツーはこの道でしたshine


Th_img_5798

護摩壇山でちょっと休憩です。ポカポカ陽気でかなり気持ち良かったhappy01


Th_dsc01763

このカットは俺が撮りました。なかなか上手いやろ…と自画自賛。バイ

クの撮影はみんなより先行して、短時間でロケハンするのがコツやねpunch


Th_img_5828

前半の狭路と後半の快走路のギャップが楽しい。近道だったのかは?


Th_img_5839

そして高野山に到着。これから仲間はナイトランで東京に戻り、俺は1

人で和歌山のママの家へ。かくして47イベントは無事終了。久々の関

西遠征でしたが、その後全員無事に東京に帰還。お疲れさまでしたpaper


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 日本一の村の温泉宿 | トップページ | 富山☆彡 »

journey」カテゴリの記事

コメント

デカイ岩をくりぬいたトンネルなんて、木をくりぬいたボロンにも匹敵しますね...

クラブハーレー、チェックしてますよ。オーナーのコメントもしっかり読ませていただきました。

投稿: わかだんな | 2011年4月29日 (金) 01時50分

今回は、吊り橋、渡りきったんじゃないですか?
写真の雰囲気と文章からの直感です(^ ^)
大自然の中を走るの、気持ち良いんだろうな〜
最高!って気分が写真から伝わってきます☆

投稿: Akemi | 2011年4月29日 (金) 10時14分

えっ⁉
雑誌に載ってたんですか??
後からさり気なく伝えるあたりがkeishyuさんらしい(^_-)
本当毎回カッコいい写真取りますね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
腕なのか構図なのかw
センスが良いとはこのことか(^_−)−☆

投稿: わかがしら | 2011年4月29日 (金) 10時18分

吊り橋の上のkeishyuさん、心なしか腰がひけて見えたのは気のせいでしょうか(*^m^)
岩をくりぬいて作ったトンネル、なんか楽しい。小さい頃、砂の山を作って両側から友だちとトンネル掘るの好きだった事、思い出しました☆

投稿: akke | 2011年4月29日 (金) 12時16分

トンネルとかワクワクする感じの道ですね(*^◯^*)
今回の吊り橋は前より足元がしっかりしてみえるので、渡れたのではないでしょうか?いかがでしたか??

投稿: へちま | 2011年4月29日 (金) 22時26分

岩をくり抜いて出来たトンネル、通る時わくわくしそうですね(^ ^)
吊り橋、けっこうしっかりした造りに見えますから渡れたのではないですか?橋の下もあまり見えなさそうですし♪

投稿: ちゃこ | 2011年4月30日 (土) 00時07分

いままで気になってましたが、バイクに乗ってる姿を写真でとるときは、どのように撮影してるんですか?まさか運転しながら、片手でシャッターを切るなんてことを・・・( ̄○ ̄;)!

投稿: こんちゃん | 2011年4月30日 (土) 03時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/51520229

この記事へのトラックバック一覧です: 道があるなら何処でも行く!:

« 日本一の村の温泉宿 | トップページ | 富山☆彡 »