« 女は弱しされど母は強し | トップページ | 乳頭温泉→注文の多い料理店・花巻 »

2011年9月 5日 (月)

下北半島、大間→六カ所村→青森


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ写真全16枚、ポチして見てね!


Img_3236_2th_

↑↑↑画像をクリックして笑ろてくれflair

タイトル:マグロに乗ったオッサン。このジョーダンが判るアナタはそれ

なりのお方や。31日、下北半島の先端、大間は近海マグロ漁で有名!


Img_3249_2th_

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

その町に現在建設中の大間原子力発電所。福島第1原発3号機と同じ

プルトニウムを再処理したMOX燃料でプルサーマル発電を行う予定や。


Img_3202_2th_

大間でマグロに賭ける漁師たちの奮闘を特集するテレビ番組をよく観る。

世間では大間=マグロのイメージ。そこに原発とは?漁協を訪ねてみる。


Img_3211_2th_

漁協のお兄さんをつかまえて色々聞いてみた。明らかに震災後の困惑

があるようで、竜飛(津軽半島沖)で獲るから大丈夫!と言ってもマグロ

は回遊魚だし。既に漁業補償金を受け取ってしまってるのでどうにも…。


Dsc06371th_

今や大間マグロはブランドで地元でも中々食えない。テレビで観る威勢

とは裏腹に、漁師間の経済格差が開き設備や修繕で借金は重む一方。

社会の縮図がここにもある。お兄さんが教えてくれた地産のお店で昼食。


Img_3281th_

そんな港のすぐ近くに原発が建設中。震災後、原子炉建設は中断して

るが周辺の整備は着々と進行。そんな建設現場の中を通る小道を行く。


Dsc06378th_

「自然を大事にしてこの海を守っていけば、将来どんなことがあっても生

活できるべ。大金なんかいらない」。厚子さんの母、熊谷あさこさんが建

てたログハウス。国と電力会社を相手に村八分になっても一人で闘った。


Img_3298_2th_

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

※印が「あさこはうす」の敷地と畑。赤い囲いが当初の原子炉建設予定

地。世界でも例をみないこの状況に海外メディアの取材がひっきりない。


つづきは↓↓↓をクリックしてみてネflair


Dsc06380th_

この旅で最初青森に着いた時、反原発運動をされてる男性にお会いし

て場所を教えてもらう…いきなりの訪問でも笑顔で迎えてもらって感激。


Img_3307_2th_

電源開発の監視小屋がある入り口から1㎞以上ある道を、俺はバイク

で入っていった。うるさくて迷惑かなと危惧したけど厚子さんは笑ってた。

近々東京に来られるということなので、またゆっくりとお話してみたいね。


Img_3443_2th__2

大間をあとにして下北半島を南下する。下北は2度目やけど太平洋岸を

走るのは初。ここには北海道並の大自然があるのに余り知られてない。

サーファーが羨む綺麗な波も地図に載ってない日本一の大砂丘もある。


Img_3459_2th_

東北電力の東通原発があった。震災の影響で今、原子炉は停まってる

らしいが、樹海の中にいきなり現れた原発の警備はすこぶる厳重やった。


Dsc06388th_

綺麗な波を見ながら更に南下。すっかり陽が暮れた頃、六カ所村の核燃

料再処理施設に至る。物々しい警備の割に施設を示す標識が殆どない。


Dsc06394th_

こっちは高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター。日本各地の原発の

使用済み核廃棄物がここに貯蔵されてるが、既にもう満杯の状況らしい。


Dsc06389th_

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

ニュースで耳にしてた核燃料施設の敷地のデカさに腰を抜かす。原発

とは比べものにならん広さ。大自然との対比と暗闇の小さな看板で余

計に不気味に思えるけど、実際都会の人がこれを見たら何と思うかな?


Dsc06399th_

こんな感じで青森に着いたのは夜の8時過ぎ。今回の目的の一つだっ

たツーリングを終えた。最後は暗くなってしもたのでまた昼間に走ってみ

たいし六カ所村にも泊まってみたいね。いろいろ考える1日ではあった

けど取り敢えずお疲れさん!えっ何でうちのグループが一緒におるん?


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 女は弱しされど母は強し | トップページ | 乳頭温泉→注文の多い料理店・花巻 »

journey」カテゴリの記事

コメント

村八分になっても一人で闘った

シビれました

投稿: メッキーニ | 2011年9月 5日 (月) 10時56分

マグロに乗ったおっさんwww
いきなり吹き出してしまいましたよ_| ̄|○
やられた〜

大間にそのような女性がいた事を知りませんでした
日本のメディアでは完全に黙殺されている事実
情報戦略の恐ろしさを感じます。

青森での奇跡の出会いに感謝です(=´∀`)人(´∀`=)
ごちそうさまでした★

投稿: わかがしら | 2011年9月 5日 (月) 15時40分

村八分って変な風習ですよね。
まさに日本人!という感じです(悪い意味で)。
そんな中で戦ってきたなんて、凄いなぁ…
お母様から受け継がれた志なんでしょうね。

投稿: ちゃこ | 2011年9月 5日 (月) 23時30分

はずかしながら私も「あさこはうす」の存在を知りませんでした。海外メディアにはバンバン取り上げられているというところがまた恥ずかしい。番組として取り上げる基準が日本はぜんぜん違うんですね。

投稿: こんちゃん | 2011年9月 6日 (火) 00時44分

今回のツーリングは、去年までだったら絶対に行かないような場所に、沢山立ち寄ってますね。ブログを見ているだけで、すごく楽しいし、勉強になります。

投稿: わかだんな | 2011年9月 6日 (火) 06時56分

人間として普通のことした人が、闘うハメになり、世間から珍しいものと見られて取材されてる…
なんかおかしいんですよね!
あさこはうす、素晴らしい!と言ってる自分もへんかもしれない…

投稿: Akemi | 2011年9月 6日 (火) 08時54分

原発を全部停めても、その後の問題はまだまだあるんですね。
色々とややこしいことになってますけど、危ないから原発やめて違うのに切り換えよう!くらい単純な話でもいいんですよね。なぜこんなに複雑になったのかなぁ(>_<)

投稿: へちま | 2011年9月 6日 (火) 15時21分

>メッキーニ

学校や仕事で村八分とは違って、自分が生活してる社会から村八分になるという意味を考えてごらん。
シビレるどころか電気ショックで逝っちゃうよ。
人の顔色見て生活してるような連中は…(^^;)

投稿: keishyu | 2011年9月 7日 (水) 09時28分

>かしら

テレビで観た大間の漁師たちの奮闘の実際とその影。
俺達がマグロを食い続けるなら、この事に無関心でいられんだろう。
マグロ食いたけりゃ、キミたちもマグロに乗れ ヽ(´▽`)/

投稿: keishyu | 2011年9月 7日 (水) 09時31分

>ちゃこ

ふるさとを出て東京にやってきて働いてる意味を考えてほしい。
ちゃこはいったい何をしたくて何がほしいのか…。
人の顔色みながら生きていって、これからそれが手に入るのかどうか?
人との協調は自分の明確な意志と行動あっての話なんだぜ ( ̄▽ ̄)

投稿: keishyu | 2011年9月 7日 (水) 09時34分

>こんちゃん

こんちゃんも青森県を旅してみてくれ。
俺たちの知らなかった光と影がこれほどハッキリ見える県はない。
みんなにもっと関心をもって知ってほしいし探してほしい…日本という国を。

投稿: keishyu | 2011年9月 7日 (水) 09時37分

>わかだんな

自分の国を母国というだろ?
キミは自分を産んでくれた母親の生き様をよーく見てきたはずや。
俺たちは日本という母国のことをどれだけ知ってる?
アメリカもヨーロッパもバリもハワイも素敵な場所は沢山あるけど、
それは母なる大地、日本のことをよーく知ることで、さらなる感動
を獲得できるものなのだとオレは思う。

投稿: keishyu | 2011年9月 7日 (水) 09時41分

>Akemi

そうそう、それが変なんだよ。
社会の中で人としての生き様がこんなハッキリ判る場所は中々ない。
物事をシンプルに捉えることを人はやりたがらない。
言い訳できなくなる事が怖いからやね (^-^;

投稿: keishyu | 2011年9月 7日 (水) 09時46分

>へちま

日本人にとって脱原発の実現はあくまで過程の話だよ。
その先にあるもの、その先の発展進化した国、国民の姿が目標になる。
そこを意識させないために、利権者や為政者は過程でしかない原発云々のことで
国民を議論の渦の中にひっぱり込む。
若いモンがそれにはまってはいかんでしょ?
キミたちには長い時間があるんやから…\(*`∧´)/

投稿: keishyu | 2011年9月 7日 (水) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/52652606

この記事へのトラックバック一覧です: 下北半島、大間→六カ所村→青森 :

« 女は弱しされど母は強し | トップページ | 乳頭温泉→注文の多い料理店・花巻 »