« おーっダイナ、お前も待ってろ! | トップページ | 山陰で一番の温泉宿 »

2011年10月 3日 (月)

コストパフォーマンスの高い宿・登別


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへどうかうちのポチcatをヨロシク!


温泉ネタが貯まってるので紹介しまーす。秋の行楽にいかがでしょう?


Img_8245_2th_ 18.08.2011

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

この湯を見て登別温泉かな…と想像できる人は温泉通として認めます。

硫酸塩泉と硫化水素泉の2種類をもつ日本の代表的な湯にやってきた。


Dsc09067th_

「花鐘亭はなや」。超有名温泉場の宿は規模が大きくなる分、風呂も大

きくなるので湯を循環させる所が多い。ここは部屋数21の小さな宿だ。


Img_8215_2th_

小ぎれいにまとめられた部屋。挨拶に訪れた女将の話を聞いてると、よ

く教育された従業員によって、小さいながら完成度の高い宿なのが判る。


Img_8220_2th_

居心地いいなと思える宿の条件として、館内を裸足で歩きまわれること、

湯宿らしい浴衣を提供してくれること…等が最近俺のワガママ入りした。


Img_8242_2th_

内湯の心地良さもいい宿の条件。普段家でバスルーム浄水器を使って

るので薬剤が入った温泉は入った瞬間にすぐ判る。温泉は鮮度が命や。


Dsc05266th_

風呂あとの生ビールほど美味いものはない。バイクにいい温泉と美味い

料理…野営を常とするバイカーには邪道やけど心身を休めるには一番。


Dsc05268th_

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

料理はボタンエビや毛ガニなどの海の幸が豊富に用いられ、さすが登

別と思わせの内容。今回は前菜だけ紹介するのでお品書きで想像して。


Img_8224_2th_ 18.08.2011

宿の名前でも判るように庭園には四季の花が植えられており、館内も

女性を意識した演出が随所に。小さいながらも心地良いお奨め宿です。


登別温泉spa花鐘亭はなや


house北海道登別市登別温泉町134
telephone(0143)84−2512

登別温泉・花鐘亭はなやのサイトはコチラを参照sign01


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« おーっダイナ、お前も待ってろ! | トップページ | 山陰で一番の温泉宿 »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

久々の温泉ブログきたー( ´ ▽ ` )ノ
また一つ行かなければならない温泉が増えました★
夢リストに加えておきます♪(´ε` )

投稿: わかがしら | 2011年10月 3日 (月) 11時14分

最近冷えてきたので、温泉が気持良さそうですね!
向日葵がかわいいです!今は何の花かなぁ??

投稿: へちま | 2011年10月 3日 (月) 11時56分

確かに、裸足で歩き回れる温泉宿って、居心地いいでしょうね。
靴を履くホテルでは、素敵な宿ても、くつろぎ感が半減しちゃうかも⁈
登別の料理も気になります〜☆

投稿: Akemi | 2011年10月 3日 (月) 19時31分

風呂のあとはコーヒー牛乳じゃないんですね?( ´Д`)y

平仮名『ゆ』の暖簾は味があって、いいですね♪♪

投稿: こんちゃん | 2011年10月 3日 (月) 22時02分

すでにちょっとした温泉情報誌を執筆できるぐらいのネタを持ってるのではないでしょうか。それも一般向けと言うよりは、通好みのd(^_^o)

投稿: わかだんな | 2011年10月 4日 (火) 00時38分

登別の情報、待ってました( ´ ▽ ` )!!
地元に帰ったら行きたいです♪
裸足で歩き回れるというのは確かにポイント高いですね

投稿: ちゃこ | 2011年10月 4日 (火) 07時41分

>かしら

はいな。
温泉宿ネタはしこたま貯まってねん。
ぼちぼち書いていきますのでお楽しみに (^_-)

投稿: keishyu | 2011年10月 4日 (火) 07時56分

>へちま

今度、近所の本物の温泉つれたるから温いカッコしてこいよ (^_^)v

投稿: keishyu | 2011年10月 4日 (火) 07時57分

>Akemi

一軒宿ならまだしも有名温泉場で料理が落ちる宿は致命的やね。
温泉宿の料理を全部のっけるのはスペース上、至難の業ですわ。
その土地がらと綺麗な前菜をみて、メンイン料理を想像してみてくれ。
まずは自分で行ってくることやね (o^-^o)

投稿: keishyu | 2011年10月 4日 (火) 08時01分

>こんちゃん

コーヒー牛乳は温泉やのうて銭湯のことでっしゃろ。
温泉あがりは、冷たい水を一杯…がうまいのでっせ ( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: keishyu | 2011年10月 4日 (火) 08時03分

>わかだんな

かなりいろいろ回ってるけど、九州地方は全然手薄やな。
今度、まとめてガーンと行ってみたいね。
松田センセの本を参考にしてるけど毎年状況が変わるので、廃業したり経営
者が変わってたり、風呂場が塩素臭かったり、このご時世で宿自体が廃れて
たり…かなり変化はあるので、そういう宿は載せてません ( ̄▽ ̄)

投稿: keishyu | 2011年10月 4日 (火) 08時06分

>ちゃこ

北海道は九州と並んで温泉レベルが高いもんね。
まだまだ紹介したいとこがいっぱいあるよ。
そんな所に生まれて、キミはホンマに幸せやなぁ (゚▽゚*)

投稿: keishyu | 2011年10月 4日 (火) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/52896373

この記事へのトラックバック一覧です: コストパフォーマンスの高い宿・登別:

« おーっダイナ、お前も待ってろ! | トップページ | 山陰で一番の温泉宿 »