« 新春餅つき&新年会 2012 | トップページ | あけましてサンダンス »

2012年1月 5日 (木)

日本の風情を残す温泉宿


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ写真全15枚、ポチして見てね!


寒い日々が続きますがこんな時季こそ温か〜い温泉に浸かって美味しい

料理を楽しみたい…ってことで久々に本物の温泉シリーズいっときます。


Dsc06536_2th_

昨夏北海道から東京までバイクで自走する途中に立ち寄った花巻。宮沢

賢治の世界に浸れて楽しかったなぁ。今回は大沢温泉・山水閣をご紹介。


Dsc06546_2th__2

57室もある鉄筋造りの立派な旅館です。泊まったのは新館の川側の綺

麗な部屋。居住性がよく長旅の疲れも癒される感じ。贅沢な空間でした。


Img_4040_2th_

旅装を解いたら早速温泉へ。この日は雨模様だったのでバイク乗りには

温かい温泉が最高の快感やね。ウキウキ気分で浴衣の背中が笑ってます。


Img_4128th__2

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

男女別大浴場の山水の湯。この大きな湯槽が貸切状態で極楽状態でした。

今や温泉宿博士の僕は、宿の諸条件で誰も入ってない時間帯が判るのだ。


Img_4019_2th_

こっちは男女別半露天風呂の豊沢の湯。虫の多い夏場は網戸がはいって

いて露天の風情がないのが残念だけど、こっちもハシゴして疲れを癒す。


Dsc06553_2th_

夕食は部屋食になります。山水閣の仲居さんは若い女性が多かったね。

可愛い女の子が一生懸命やってる感じで好感もてます。頑張れ東北sign01


Img_4057_2th_

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

ビールで乾杯しながら頂く前菜。アーティスティックなセンスがその宿

を物語る。鮮やかな料理と漆黒の器の対比が綺麗だったので撮ってみた。


Img_4065_2th_

懐石料理を一気出しにしてもらうと、夕食時間を遅らせる事もできます。

その分夕食時で誰もいなくなった温泉を独占的に楽しめる…という方法。


Img_4096th_

川の対岸には山水閣の他に菊水館という趣のある建物がります。その昔、

南部藩主が常宿としてた宿で、こちらにも是非泊まってみたい感じです。


Img_4090th_

菊水館にある南部の湯はサイズも小さくて一目で源泉掛け流しとわかる。

コチラも夏場以外は窓枠が外され半露天になる。木造のいい香りがした。


Img_4087th_

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

菊水館から見た正面の建物が湯治場としての趣を今に残す自炊棟で、長

期滞在者向き。左奥の屋根が泊まった山水館で全て廊下で繋がっている。


Img_4112th_

自炊棟の湯は高村光太郎が「本当の温泉の味がする」といってたらしい。

女性専用の露天風呂かわべの湯。大沢温泉には実に14も風呂があった。


Dsc06567th_

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

こちらは自炊棟の混浴露天風呂、大沢の湯。春は桜を眺めながら浸かれ

るが橋の上から湯場が丸見え。果たして入る女性はいるのでしょうか…。


Img_4148th__2

自炊棟の中には炊事場の他に調味料等の日用品を販売するお店もあって

面白い。山水閣、菊水館、自炊棟と3つの違った趣を楽しめる宿でした。


Img_4141th__2

敢えて儲からないであろう自炊棟を残す処に大沢温泉の心意気を感じま

すねえ。初めの山水閣の建物とは対照的な自炊棟の玄関です。自分達が

泊まる少し前まで震災で被災した岩手県の人達がここに避難していたと

聞いたけど、今度来る時は僕も自炊棟でゆっくりと過ごしてみたいです。


花巻南温泉郷spa大沢温泉・山水閣


house岩手県花巻市湯口字大沢181
telephone(0198)25−2021

大沢温泉のサイトはコチラを参照して下さいsign03


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 新春餅つき&新年会 2012 | トップページ | あけましてサンダンス »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

混浴の露天風呂、keishyuさんの周囲の男女なら余裕でしょう!お風呂クルーズしちゃいますよ!

投稿: メッキーニ | 2012年1月 6日 (金) 00時16分

菊水館の風情がなんとも言えないですね(^ ^)
でも橋の上から丸見えの露天風呂は・・・
体を絞ったらいけるかも!という問題ではないですね(笑)
冬はますます温泉が恋しくなります。

投稿: ちゃこ | 2012年1月 6日 (金) 00時30分

なるほど(>__<)
可愛い女の子が一生懸命の感じですね(*^^*)

投稿: ごんちゃん | 2012年1月 6日 (金) 00時49分

素敵な温泉宿ですね★
温泉を独占する裏技φ(*'д'* )メモメモ
その手があったか!!
自炊館というのも面白い(^○^)同じ宿でもこうも趣向が違うと
別の温泉地に来たかのような錯覚になるのでしょうか?
とても興味深いです。
入ってみたい温泉リストが増えました(^-^)/

投稿: わかがしら | 2012年1月 6日 (金) 04時26分

3つの違った雰囲気が楽しめるのがすごいですね!どれも素敵ですが、本物の温泉の味がするるという湯が気になります!

投稿: へちま | 2012年1月 6日 (金) 06時40分

菊水館の南部の湯に入ってみたい!
木の香と源泉欠け流し~
想像しただけでも癒されるぅ( ´艸`)

投稿: You&Me | 2012年1月 6日 (金) 08時29分

温泉の貸し切り状態、いいですね☆
自炊棟も興味あるけど、やっぱりアートな美しい料理にも惹かれますね〜

投稿: Akemi | 2012年1月 6日 (金) 08時39分

温泉よりも自炊棟の方に心が揺れてしまっている自分がいます。
自然と温泉の敷地内で、のんびりとすごす。。。
震災の影響がなかったら真っ先に考えていますが。
今はちょっと怖いです。空清をもっていけば問題ないかしらw

投稿: 森の女 | 2012年1月 6日 (金) 09時31分

宮沢賢治の世界ですかぁ。
ちょうど温泉行きたいなぁ、と思ってたところそそられます!
この時期東北はキツイですが東京近郊で趣あるところ探してみようかなぁ。

投稿: ゆき | 2012年1月 6日 (金) 10時13分

木造の建物、長い渡り廊下、このような温泉宿は情緒があっていいですね。鉄筋コンクリートでデカイ宴会場があるような温泉宿は、閑古鳥が鳴いておりますが、本物の温泉宿は、いつの時代も客足が遠のかないですね。

投稿: わかだんな | 2012年1月 6日 (金) 11時26分

>メッキーニ

それは大丈夫だろうけど、知り合いでは混浴露天の風情がないじゃない。
いままで混浴で一緒になったのはお婆ちゃんかご夫婦。
違った意味の硬直感があるのって判りますか (*^_^*)

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 14時43分

>ちゃこ

身体を絞っても絞らなくても、本当にマルミエのふりかけになります。
これだけ開放的な混浴も珍しい限りで。
ここはちゃこの女友達10人位で入ってもらうと素晴らしい景色になると思います smile

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 14時47分

>ごんちゃん

そうなんだよ。
うちの部屋の仲居さんは三陸の久慈から来てると言ってた。
被災地の女性はほんと明るくしっかり仕事してたよ (*゚▽゚)ノ

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 14時49分

>わかがしら

%はみんな自炊館、FDDなら菊水館、ハイピンなら山水閣。
というふうに使った面白いんじゃない?
乳頭温泉も自炊棟があるしね。
これから全国の湯治場を回るバイクツーもいいんじゃない ( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 14時53分

>へちま

全国自炊棟温泉ツーリングやるから、食事係で参加しないか?

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 14時54分

>YouMe

今度行ったから自分も菊水館に泊まりたいね。
海外旅行を楽しめる日本人とは、日本の文化や風情を知った日本人。
只の物珍しい買い物とタッチ&ゴーのパック旅行など、旅じゃない ( ̄▽ ̄)

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 15時00分

>Akemi

どちらでもその時の心の赴くままに楽しめばいいんだよね o(*^▽^*)o

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 15時01分

>森の女

確かに東北の温泉は杉花粉が拡がるこれからの時季はちょっとね。
また汚染重点地域だととくに地産地消の食材をウリにしてる料理が怖い。
日本でも最高の温泉地帯である東北、行きたい温泉が沢山あるのにどうして
くれる!感じ。
東電と政府はマジ責任をとってもらいたいよね ヽ( )`ε´( )ノ

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 15時07分

>ゆき

この時季なら箱根の塔ノ沢、伊豆の湯ヶ島、南伊豆の賀茂川にお奨めの温泉が
あるよ ( ̄▽ ̄)

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 15時14分

>わかだんな

その通り!!!
温泉旅館と名乗る限り、温泉の質が最も大事。
質といって泉質のことではなくて、温泉を取り扱う人間に手間暇とサービス
が大切になるってことだね。
お湯とっても無尽蔵に湧出してる訳ではないので、大きな宿になるとどうし
ても大きな浴場を作らないといけない。
となるとお湯が足りない分(経費がかかる分)、循環風呂にしなければいけ
なくなる。
温泉は生物なので循環してるうちに鮮度は落ちるし、循環するには法律で消
毒剤を混入する必要が出てくる。
これが本物の温泉を維持できない基本的な理由です ( ̄ー+ ̄)

投稿: keishyu | 2012年1月 7日 (土) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/53665561

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の風情を残す温泉宿:

« 新春餅つき&新年会 2012 | トップページ | あけましてサンダンス »