« 温泉は地方活性のエネルギー | トップページ | POWER »

2012年2月 7日 (火)

九州に行きたい理由の一つ…


本物の温泉宿探しはここから始まった。温泉好きは勿論サービス

業を目指す人、起業したい若者はぜひ訪れることをお奨めします。


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへどうかうちのポチcatをヨロシク!


Dsc03114_2th__2 23.07.2009

昨日に続き私が“本物の温泉宿”にハマったきっかけの宿、熊本の黒川

温泉・新明館をご紹介。ここでの3日間は完璧にバイクを忘れましたsweat01


Dsc03124_2th__2 24.07.2009

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

俗に言う大型の温泉宿に慣れてしまってた私はこの“風の湯”に浸かっ

て完全に参りました。こんな落ち着く贅沢な空間を一体誰が作ったのか。


Dsc03158_2th_ 24.07.2009

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

黒川の建物はすべて同じ色に統一されてて街に一体感がある。新明館の

成功が周りに伝わり今の黒川温泉の希有なイメージになった。すごいね。


Dsc03076_2th_ 24.07.2009

街には広告看板が全くない。自分の宿を宣伝する前に黒川という全体の

イメージ創りを徹底した。山里と温泉…ここにはちくはぐな風景がない。


Dsc03059_2th_ 23.07.2009

新明館は昔の豪農の屋敷を移築したとか、柱や床の間など特に贅沢に設

えてある訳ではないがとても落ち着くのだ。障子の和テイストもミソ?


Dsc03168_2th_ 24.07.2009

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

朝夕の食事は囲炉裏を囲んで頂く。実家は都会なのに何故か故郷に戻っ

てきた感覚に陥るのは日本人のDNAのなせる業…人気の秘訣はここか。


Dsc03206_2th__2 25.07.2009

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

雰囲気満点の“岩戸風呂”にたどり着くまで様々な仕掛けが…。囲炉裏

小屋、釜戸、薪置場、洞窟…この宿はまるでアトラクションみたいです。


Dsc03218_2th_ 26.07.2009

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

新明館の存在がテーマパークとしての黒川温泉全体の成功につながった。

庭や風呂・宿づくり等に匠の技を発揮されるご主人後藤哲也氏は、バリ

バリの建築士風でもコンサル風でもない“肥後もっこす”の好々爺です。

毎夜自ら風呂の掃除をされてる姿を見かけました。また絶対行かないと。


黒川温泉spa山の宿新明館


house熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
telephone(0967)44−0916

山の宿新明館のサイトはコチラを参照してくださいsign03


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 温泉は地方活性のエネルギー | トップページ | POWER »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

わぁ…すごいな。
時代劇とかに使われてそうな佇まいですね。
本物の名湯秘湯は「知る人ぞ知る」
あまりメディア進出しないことで守られるものと、集客とのジレンマは起きないのでしょうか?

投稿: YouMe | 2012年2月 9日 (木) 15時08分

自分の宿を宣伝する前に街全体のイメージつくりに取り組む。
ここらへんに成功の秘訣があるような気がする。
ダンスの上達が早い人は自分がどう踊るかよりどうすれば相手が気持ち良いかを常に考えてるな〜と。
ビジネスに似てるな、と思ってたところにこのブログ!
いつもタイムリーでまるで脳みそ覗かれてる見たいです(^^;;

投稿: | 2012年2月 9日 (木) 16時31分

囲炉裏を見ると実際に見た事もないのに懐かしい気持ちになるのはやはり日本人だからなんですね。
おもてなしの心と宿泊客を楽しませる心を兼ね備えているお宿なのでしょうか。
一度訪れてみたいです(^ ^)
それ以前に九州に行った事がありません…(>_<)

投稿: ちゃこ | 2012年2月 9日 (木) 18時07分

写真を見た瞬間「うわぁ、いいな〜」と呟いている自分が居ました。
日本人の細胞が反応したというか…。
僕もいつか必ず行きます!
ゆっくりとした、流れる様な時間、最高です!

投稿: daigo | 2012年2月 9日 (木) 18時24分

写真が夢をみせてくれました!
いやいや、今が夢の中で、写真が現実ですね(*^_^*)
危ない危ない!

投稿: ごんちゃん | 2012年2月 9日 (木) 19時47分

Keishyuさんの意識を180度変えてしまったのが、この新明館なんですね。納得!
訪れた人が心底くつろげる温泉宿は、そのたたずまいが人を魅きつけるんでしょうね。看板も宣伝も何の自己主張も不要で、ただ優しく旅人を包み込んでくれる宿。。。テーマパークのように温泉を楽しめるなんて、ワクワクします☆
きっと、人が集まる魅力的な人って、新明館みたいなんだろうな!

投稿: Akemi | 2012年2月 9日 (木) 22時01分

街全体のちょっと懐かしい感じの統一感が非現実を思わせ、また行きたくなるんでしょうね。いかに自己満足ではなくお客様を思ってあの街を作ったかって所が高いリピート率に繋がってるんだと思います!私もおもてなしの心を忘れず楽しませる心を持ち続けたいと思います(((o(*゚▽゚*)o)))

投稿: マサオ | 2012年2月 9日 (木) 22時07分

温泉博士の始まりの場所
そこまで人を感動させられる場所、サービスとは
どんなものなんだろう。
我々日本人の心を揺さぶるナニカがあるからこそ
生き残り、繁盛するのでしょうね。
また夢リストが増えましたo(^▽^)o
あっ、でも起業したいワカモノはだから
早く行かねば!!

投稿: わかがしら | 2012年2月10日 (金) 00時15分

どの写真も素敵ですが、岩戸風呂、素敵ですね!アトラクションと聞いて、ディズニーランドを思い出しました(^◇^;) 徹底した世界観を創り出してるところが似てますか?行ってみたいです!!

投稿: へちま | 2012年2月10日 (金) 15時31分

・DNAをくすぐる
・広告、看板がない
・コンサル風でない好々爺

こういったポイントは自分も取り入れてみます♪( ´▽`)
「説明がつかないけど本能的にしっくり来る、来ない」がきっと大事なんだろうなぁ。

投稿: メッキーニ | 2012年2月11日 (土) 01時44分

>YouMe

黒川といえば温泉好きなら誰でも知ってると思うよ。
本物の温泉とは湯の質よりも“湯の手入れ”と浴槽の掃除”にあると思う。
その意味でも新明館は超一流だということです (^o^)

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時24分

>ゆき

ダンスがどうかは知らないけれど、自分の宿を誇張するが故に全体の景観を
ちぐはぐにしてる有名温泉街がどれほどあるか…。
全体のイメージを決定づけることをしないと、個々の努力の成果も半減する
ってことだね。
熱海や別府の二の舞になってしまう(;ω;)

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時29分

>ちゃこ

九州も北海道と同じように素晴らしい温泉と温泉宿がたくさんありますよ ヽ(´▽`)/

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時31分

>daigo

目標を達成するたびに行ってくれよ!
そしてエネルギーを充電してまた次のステージにすすむ。
1泊2食で1万5000円〜2万5000円くらいなら安いもんでしょう (*゚▽゚)ノ

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時34分

>ごんちゃん

しょーもないパッケージ旅行するくらいなら、良い温泉宿に1泊でもいいから泊まってみるといいよ。
素晴らしいやすらぎの時間と学びが手に入りますよ ( ̄▽ ̄)

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時38分

>Akemi

新明館は超有名な黒川のリーダー的存在の宿ですが、僕はそれ以上に館主の後藤
哲也さんの考え方に感銘を受けました ( ̄ー+ ̄)

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時41分

>正男

黒川は今迄行ったどこの温泉地にもない統一感があって、決定的なやすらぎの雰
囲気を実現しています。
温泉地ではないけど、会津の大内宿にも同じ雰囲気を感じました。
みんな一丸で村や街の雰囲気を決定してその保持に一生懸命頑張ってます ( ^ω^ )

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時45分

>わかがしら

自分の店やビジネスを持つとき、それがどのように周囲の環境にマッチング
しているのかを考えないといけません。
例えば飲食店をつくりたい時…。
候補の店舗の立地条件や周辺環境によって、カフェにしたほうがいいか蕎麦
屋のほうがいいか、業態がかわってくるということです。
初めからカフェを出したい!が先行するから失敗する ( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時51分

>へちま

あのディズニーランドの役員や幹部クラスが何度も新明館の後藤氏のもとを訪れ
て話を聞いて帰ったという。
街の統一性やサービス、景観の保持などに関して、両者は驚くほど似ています (゚▽゚*)

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時54分

>メッキーニ

そう。
景観と建物がちくはぐな風景になってしまうと、お客さんはリピートしなくなる。
同じ事がメッキーニの仕事にもいえるということです。
自分で考えてみてください ( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: keishyu | 2012年2月12日 (日) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/53940573

この記事へのトラックバック一覧です: 九州に行きたい理由の一つ…:

« 温泉は地方活性のエネルギー | トップページ | POWER »