« 参りましたーっ! m(_ _)m | トップページ | なぜ鉄道員は悲しい? »

2012年2月16日 (木)

Vintage Camって面白いね (*^_^*)


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへどうかうちのポチcatをヨロシク!


Th_

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨ

ブログの写真はいつも気を使って撮ってけど、iPhoneでこんなアプリが

が出てくるとなぁ…反則だヨ。面白くて1日中これで遊んでしまったよ。


Th__2

今迄の写真もVIntage Camというアプリを使うとイイ感じでヨレた写真

が…私の2人のUP。鮮明な画像に慣れてしまったのでこれは新鮮だわ。


Photo

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨ

朝の所用の帰りにランチで立ち寄った二子玉川のMARKT Cafe。これは

iPhoneで撮ってこんな感じに。アプリ開発競争で技術も日進月歩やな。


Photo_2

フェイスブック用につくってみたプロフ写真。バリのデンパサールの市

場でのカットです。ちょっと南国のササくれだった感じが気に入ってる。


Th__4

こうするとかなりビンテージ感が漂うね。昨冬、山梨の西山温泉に行っ

た時に南アルプス街道のコンビニにで休憩中。ウォレット落っこちそう。


Th__5

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨ

昨夏の山陰。鳥取の道は空き空きとても走り易かったね。ハンドルだけ

が勝ってに進んでいきます。まあ道が綺麗なのは原発のお陰だろうけど。


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 参りましたーっ! m(_ _)m | トップページ | なぜ鉄道員は悲しい? »

etc.」カテゴリの記事

コメント

バイクとジーンズのバックショットなんて、70'sのロックアルバムのようでイイですね。バイクのハンドルだけの写真もAORのレコードにありそうです。ゴッドファーザーのテーマが聴こえてきそうな写真もありますが…(^_^;)

投稿: わかだんな | 2012年2月17日 (金) 21時13分

おしゃれー(#^.^#)
全部このままポストカードになりますね★
ウォレットが落ちそうな写真が一番好きですo(^▽^)o

投稿: わかがしら | 2012年2月17日 (金) 22時52分

今日はありがとうございました!
???→!!!なことが、色々ありました。

このカフェ素敵ですね(*^^*)
いってみます♪( ´▽`)

投稿: ごんちゃん | 2012年2月18日 (土) 04時18分

ジーンズとバイクの写真、かなりカッコいいです☆
Vintage Camってアプリ試してみます(^_^)
まずはカッコ良く作れる写真撮らないと!

投稿: Akemi | 2012年2月18日 (土) 10時14分

大人になっても遊びこごろ忘れずセンス抜群ですね♪( ´▽`)こんだけ良いものできたからには作品として残したいですね!

投稿: マサオ | 2012年2月18日 (土) 12時16分

あっという間に年代物の写真になりましたね!(#^.^#)
世の中どんどん便利になるなあ。

投稿: メッキーニ | 2012年2月18日 (土) 18時06分

写真アプリは入れた事がないのですが、面白いですね!!
オシャレな写真に大変身!
でも元の写真がカッコ良くないとおしゃれになりませんねf^_^;)

投稿: ちゃこ | 2012年2月19日 (日) 00時24分

うわーこのアプリすごっい!!
普通の風景とかが増し増しでかっこよくなっちゃいますね(((o(*゚▽゚*)o)))

投稿: 森の女 | 2012年2月19日 (日) 00時58分

おぉ~!元の写真もカッコいいですが、すごく渋くなりますね!!
私もこのアプリ、ダウンロードしてみます(*^◯^*)

投稿: へちま | 2012年2月19日 (日) 06時13分

お久しぶりでございますm(__)m

写真系のアプリは遊べますね!
デニムとバイクの写真は良い感じの仕上がり具合です!

便利すぎる世の中になってますね(゚o゚;

投稿: 昌詩 | 2012年2月19日 (日) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/54008560

この記事へのトラックバック一覧です: Vintage Camって面白いね (*^_^*):

« 参りましたーっ! m(_ _)m | トップページ | なぜ鉄道員は悲しい? »