« 標高2000m!天空の温泉宿 | トップページ | Departure 〜フェリーのある情景③〜 »

2012年5月21日 (月)

全国棚田巡りの旅、再び。


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへどうかうちのポチcatをヨロシク!


Photo

棚田巡りの旅に出ます。2年ぶり。洪水の防止、水源の

かん養、生態系の保存や美しい景観の提供等、棚田には

様々な機能がある。稲作のDNAを受け継ぐアジアの匠、

それに触れる事は僕にとって美術館巡りをするのと同じ。


※かん養…地表の水が帯水層に浸透し地下水になること。


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 標高2000m!天空の温泉宿 | トップページ | Departure 〜フェリーのある情景③〜 »

journey」カテゴリの記事

コメント

棚田巡りー美術館巡りと同じ!?! わかる気がちょっと(*^_^*)私も気づくと美術館に書を絵画を像を器をと足を自然にむけています。触れる楽しさもあり最近は地面に近いといういみで好きな陶芸家の作品で食をたのしむことを知りました!みてふれてかんじる感性ワクワクですね!ブログまたまた楽しみです!

投稿: こはく | 2012年5月22日 (火) 16時06分

行ってらっしゃーい(^-^)/
運転お気をつけて★
ちょうど田植えの時期になりますか?
水をはった田んぼって、不思議と命を感じます、冬の乾いた田んぼにはない躍動感と言うか(*^^*)
ブログの更新楽しみにしています!

投稿: フンダリケッタリ | 2012年5月22日 (火) 16時49分

棚田がなぜ美しいのか、
なぜそんなに棚田にひかれるのか、
keishyuさんの話を聞いて
これからバリに行ったりして棚田を見たら
感じるものがたくさんあるだろうと思いました!
お氣をつけていってらっしゃいませ\(^o^)/

投稿: じっしゃ | 2012年5月22日 (火) 18時06分

棚田巡りするほど、日本にもたくさん棚田てあるんですね。
楽しみにしてます〜♫

投稿: akke | 2012年5月22日 (火) 19時26分

棚田って美しいなと思って見てはいましたが、その機能については全くの無知でした。
お恥ずかしい(^_^;)
好きなものを見て巡る旅なんてとても贅沢ですね。
うらやましい( ´ ▽ ` )ノ
ブログ楽しみにしてます!

投稿: きょうこ | 2012年5月22日 (火) 21時51分

今回はどんな出会いがあるのかな?
楽しんで来て下さい\(^o^)/

投稿: スネカジロウ | 2012年5月23日 (水) 00時10分

棚田巡りは今年で3回目ですね。
始めて行った関西の丸山の千枚田を見た時にカメラの超広角レンズを買うことを
決意したくらい日本にもあんなにスケールの大きな棚田があることを知りました。
同じタイミングでも田植えのタイミングが違ったり、まさに田植えの最中だったり
と場所によっても異なるところが面白いです。
棚田を見るたびにまだまだ日本にも知らない場所、素敵な場所がいっぱいあるんだなぁ。日本に生まれて良かったと思うのであります♪(´ε` )

投稿: POOYANG | 2012年5月23日 (水) 09時11分

>こはく

ライステラスは生活の営みであり農家の匠であり芸術であったりします。
そうした意味から陶芸にも通じることがあると思います。
関東近郊でも千葉の鴨川に大山の千枚田があります。
まだ見にことがなけばれぜひ行ってみて下さい (*゚▽゚)ノ

投稿: keishyu | 2012年5月23日 (水) 18時05分

>フンダリ!

早稲とか晩稲とか稲の種類によって水田の状況も全然違います。
4月から6月まで棚田の状況は場所によって驚くほどまちまちです。
なんかマニアックな話題ですね (o^-^o)

投稿: keishyu | 2012年5月23日 (水) 18時15分

>じっしゃ

ベトナムにもフィリピンにも中国にも棚田はあります。
その中でも最も美しいのがバリと日本の棚田だと私的に思ってます。
日本の棚田をすべて回ったら中国にも行ってみたいなとは思ってますけどね (*^-^)

投稿: keishyu | 2012年5月23日 (水) 18時18分

>akke

山がちな日本では昔は棚田はもう当たり前の世界でした。
過疎が進み農業の担い手がいなくなってドンドン少なくなってきてます。
農家や地域では小さな田んぼを利用して、都会からオーナーを募ったりし
て棚田の維持、景観保存に懸命です。
棚田を守っていくことで地域の活性化に力を入れている町や村があるのです。
知ってましたか?

投稿: keishyu | 2012年5月23日 (水) 18時29分

>きょうこ

僕はただ景観として棚田を見て回るってるだけですが、地元の農家と都会の
人達が協力しあってこれらの棚田を保存していかないと、耕作効率の悪い棚
田はそのほとんどが休耕田になって土地
が荒れてしまうのです。
キレイな景観の裏には地域の並々ならぬ努力がある訳です。
絶滅したトキではないけど、こうした日本の文化を少しでも若い人達に知っ
てもらえたらと思ってます ( ̄▽ ̄)

投稿: keishyu | 2012年5月23日 (水) 18時34分

>カジロウ

行ってまいります。
キミはいまごろねてるだろうけどね ( ^ω^ )

投稿: keishyu | 2012年5月23日 (水) 18時43分

>POOYANG

棚田フリークになったのはいったいいつからかな。
やっぱりバリ島の宇宙を思わせるような棚田に出会ってからだろうね。
棚田に出会ったことが海から陸に活動の軸が替わる契機になったよね。
今回もヨロシクお願いします (^_^)v

投稿: keishyu | 2012年5月23日 (水) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/54771761

この記事へのトラックバック一覧です: 全国棚田巡りの旅、再び。:

« 標高2000m!天空の温泉宿 | トップページ | Departure 〜フェリーのある情景③〜 »