« 聴かせる曲が復権しないと… | トップページ | 世田谷 shyu 散歩2. »

2012年6月23日 (土)

ラムネ温泉が楽しめる宿


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ写真全16枚、ポチして見てね!


Dsc00329_2th

大分県の竹田にある長湯温泉。全ての施設が源泉掛け流

しという素晴らしい温泉地です。泊まったのは大丸旅館。


Dsc00312_2th

玄関先から畳に…和の設えが落ち着きを醸し出していま

す。遅くにチェックインしても優しく迎えてくれました。


Dsc00346_2th

部屋は川沿いに15室。やっぱりせせらぎの音は温泉宿

のBGMとしては必須かも…。兎に角落ち着くんですね。


Dsc00319_2th_2

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

長湯と言えば知る人ぞ知るラムネ温泉。この変わった建

物は大丸旅館の外湯で宿泊客は無料で利用できるんです。


Dsc00324_2th

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

この露天風呂には炭酸ガス濃度が1300ppmの炭酸泉が

湧き出ています。32℃のぬる湯で長く浸かるのがミソ。


Img_4552_2th

ご覧お通り身体全体がスカッシュ状態。炭酸ガスが皮膚

から吸収されて血流を促進し身体を紅潮させてくれます。


Img_4492_2th

夕食の懐石です。到着が遅かった為にこの日は一挙出し

してもらったけど、本来はじっくり味わいたい料理です。


Img_4501_2th

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

評判の高い宿はきまって料理の器が美しいですね。会席

献立の1つ地元野菜の炊き合わせ。何ともホッコリ氣分。


つづきは↓↓↓をクリックしてみてネcat


Dsc00302_2th_2

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

テイの湯。三代目の女将テイさんの枕元に白髪の老人が

立ってこの湯の源泉を掘り当てたという不思議の湯です。


Img_4519_2th_2

露天風呂は川のせせらぎの音を聴きながら早朝に楽しむ

のが良いかなと。飲泉するとやっぱり炭酸風味でしたね。


Img_4514_2th

こちらは家族貸切り風呂のミドリ湯。四代目の女将の名

前がつけられてます。目の前の芹川の眺めもいいですね。


Dsc00338_2th

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

旅が長くなると食が細くなってくる僕ですが、そんな時

お粥の朝食は本当に助かります。お腹に優しい温泉粥shine


Img_4567_3th

朝風呂&朝食後のひと時は川に面したテラスで談笑して

ます。ここにはもっと早く到着すべきだったね…なんて。


Img_4566_2th

↑↑↑画像をクリックすると拡大するヨflair

田山花袋や徳富蘇峰など文人に愛された老舗旅館だけあ

る。与謝野鉄幹、晶子夫妻がここを訪れて読んだ歌二首。


Img_4561th

長湯温泉で有名なのが川の中にある混浴露天風呂ガニ湯。

衝立のない丸見え温泉。こちらは食事処のガニ湯屋台村。


Dsc00352th

ということで高千穂から大分の竹田までやってきた甲斐

がありました。もう1泊したかったけど次の目的地に向

かいます。炭酸泉のラムネ温泉はとても気持ち良かった。


長湯温泉spa大丸旅館

spa重炭酸土類泉など、46.7℃
house大分県竹田市直入町大字長湯7992−1
telephone(0974)75−2002

長湯温泉・大丸旅館のサイトはコチラを参照下さいsign03


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 聴かせる曲が復権しないと… | トップページ | 世田谷 shyu 散歩2. »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

源泉に炭酸が含まれてるんですか?
炭酸の中に入ったことが無いからどんな感じなんでしょう(>_<)

投稿: スネカジロウ | 2012年6月27日 (水) 00時04分

ラムネ温泉って可愛い。happy01
炭酸泉っていつまでも身体あったかいですよね。
ぜんぜん湯冷めしないの。
全身しゅわしゅわ~。

ガニ湯のガニって何ですか?

投稿: YouMe | 2012年6月27日 (水) 01時02分

32度とはずいぶんヌルいというか寒くならないですか?
でもシュワシュワして気持ち良さそうですね!
飲んだら普通の炭酸水に感じるんでしょうか?
なんだか不思議な感じです(o^^o)

投稿: きょうこ | 2012年6月27日 (水) 08時11分

炭酸泉が湧き出してるってことは、炭酸が抜けることなく常にシュワシュワなんですか?入ってみないとわからない感覚でしょうね☆

投稿: Akemi | 2012年6月27日 (水) 08時47分

炭酸泉気持ち良さそうですね!ガニ湯屋台村の建物も風情があっていいですね。こんなにのんびりしたところにいたら抜け出せなくなりそうです。お食事の器も綺麗で見てるだけで満足しちゃいますね。ラムネ温泉試飲してみたいです(o^^o)

投稿: マサオ | 2012年6月27日 (水) 09時43分

>カジロウ

身体中に泡があたってとっても気持ちいいよ。
飲泉するとやっぱ炭酸そのもの…いつか九州に行ったら入ってくるといいよ (*^-^)

投稿: keishyu | 2012年6月27日 (水) 22時22分

>YouMe

ガニとはカニのことです。
昔、川のカニが若い娘に恋をして寺の鐘を100回叩いたら濃いが成就すると
お寺の坊さんに言われた。
一生懸命叩いてたのに、途中で坊さんが娘に横恋慕してその邪魔をした結果、
天罰下ってカニも坊さんも死んでしまったといういい伝えがあるらしい。
川の中にある温泉の浴槽がカニの形をしていることにちなんでこの名前がつ
けられたのだと o(*^▽^*)o

投稿: keishyu | 2012年6月27日 (水) 22時26分

>きょうこ

ラムネ温泉は32℃で低音なので時間をかけてゆっくり浸かるのよ。
他の温泉は温度の高い炭酸泉ですが、泡のブクブク感はラムネ温泉ほど凄くはな
かったでです (゚m゚*)

投稿: keishyu | 2012年6月27日 (水) 22時30分

>Akemi

源泉掛け流しだから常にブクブク湧いてる状態で炭酸が抜けると言う事はないですね。
今までには経験したことがない感覚でした ( ̄▽ ̄)

投稿: keishyu | 2012年6月27日 (水) 22時32分

>マサオ

大分は別府や湯布院など有名どころがありますが、私的にはこのひなびた感じの
長湯温泉の雰囲気が好きですね。
なんと言っても全ての施設が源泉掛け流しなのがいいですね ヽ(´▽`)/

投稿: keishyu | 2012年6月27日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/55060031

この記事へのトラックバック一覧です: ラムネ温泉が楽しめる宿:

« 聴かせる曲が復権しないと… | トップページ | 世田谷 shyu 散歩2. »