« オモテナシよりまずやるべき事を! | トップページ | 経済的な自立を (^^)/ »

2013年9月17日 (火)

ホンモノ!奥塩原元湯温泉


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Nice to see you!感謝 happy01


全14カット、2ページあります!


Dsc04040th

日本一周ツーリングの最後はやっぱり温泉で締める。選ん

だのは塩原元湯温泉の「元泉館」。勿論“本物の温泉”だ。


Img_5203_2th

到着したのが夕方の6時過ぎだったので急いでひと風呂。

用意してもらったのが本館の和洋室でゆっくりできそう。


Img_5204_2th

夜は混浴だった“邯鄲の湯”。3本の自家源泉の一つで

緑色の湯が岩から染みでてる。天候で黒色になることも。


Dsc04052_2th

29日間の旅の疲れを癒すのは源泉そのままの湯に浸っ

って美味しい料理を堪能するに限るね。お疲れ様でした。


Dsc04046th

料理は日光ゆばや山菜など旬の食材を活かした手作りの

味わい。本物の温泉宿は質実こもった料理が提供される。


Dsc04957th

朝夜に拘わらず温泉三昧、早起きもなんのその。医者い

らずの湯と言われるだけあって体力の回復にもってこい。


Img_5235th

“高尾の湯”。湯を循環させてると戸口を開けると塩素

臭が漂うけどここは一切しなかった。本物の温泉ですね。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper


Dsc04087_2th

川のせせらぎを聴きながら楽しめる高尾の湯の露天風呂。

溢れた湯が川に流れ出していく贅沢さ。当館の人気風呂。


Img_5243th

女性の露天には葦簀が設えてありました。えっ何で知っ

てるのかって?ぷーやんが撮影したものであしからず…。


Dsc04063_3

乳白色で硫黄の臭いが漂う湯がやっぱり温泉らしくて

個人的に好きですね。檜風呂の香りもいい“宝の湯”。


Dsc04066_2th

熱い湯を適温にするのはこうして湯口を絞ってチョロチ

ョロ流す。加水はせず。循環風呂は湯がどっと出てます。


Img_5260th

元泉館の名物は温泉で炊いた温泉がゆの朝食。胃腸にや

さしく内側から身体が温まります。朝は軽くすっきりで。


Dsc04093_2th

宿の前を流れる赤川の前にて。塩原温泉でも最も奥にあ

る原生林に囲まれたロケーション。やっぱ秘湯でしたね。


Img_5278th

元泉館は前から行きたいと思ってた宿で期待してたんで

すが評判に違わずいいお湯で満足でした。なんと言って

も“温泉”らしい。長旅の最後に来れて良かったですshine


奥塩原元湯温泉spa元泉館

spa泉質:硫黄泉、50.6℃
house栃木県那須塩原市湯本塩原101
telephone(0287)32−3155

元湯温泉・元泉館のサイトはコチラを参照sign03


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« オモテナシよりまずやるべき事を! | トップページ | 経済的な自立を (^^)/ »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

やっぱり本物の温泉はスゴイとこにありますね(^_^;)辿り着くまで大変でしたが湯は最高‼硫黄の香りのする乳白色はザ、温泉って感じで好きです♬
さすが温泉博士の選ぶお宿は違いますね!

投稿: マサオ | 2013年9月28日 (土) 12時30分

温泉がゆなるものがあるとは初めて聞きました。
身体の内側からもあったまる感じですね(^^)
乳白色のお湯はお肌がしっとりすべすべになりそうで、顔から浸かりたいくらいです( ̄▽ ̄)

投稿: きょうこ | 2013年10月 1日 (火) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/58280401

この記事へのトラックバック一覧です: ホンモノ!奥塩原元湯温泉:

« オモテナシよりまずやるべき事を! | トップページ | 経済的な自立を (^^)/ »