« 僕のアンチエイジング法 (^^) | トップページ | プライマーミーティング »

2014年2月12日 (水)

雪の中の秘湯・地獄谷温泉


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Nice to see you!感謝 happy01


全18カット、2ページあります!


3

11日、信州の地獄谷温泉。去年渋温泉に泊まった時に

訪れた野猿公苑に是非プーヤンも行きたいらしくて再訪。


Dsc06827_2th

地獄谷温泉の宿は公苑入り口より2.5㎞g程歩く。山道


を荷物を背負って行くので足が滑らないようにしないと。


Img_0953_2th

約30分歩くと雪深い川原に一軒宿が現れる。秘湯の地

獄谷温泉・後楽館。これでも今年は雪が少ないらしい…。


Dsc06818_2th

屋根からのツララがいかにも寒そう。昨年来た時に来年

はここに泊まろうと決めてた。荷物を置いて野猿公苑へ。


Dsc01586_2th

地獄谷野猿公苑。入園料500円。元々は後楽館の露天

風呂に入りに来てたお猿さんの為に作ってあげた温泉だ。


Img_1064_2th

お猿さんが入りにくる世界で唯一の温泉。しかし日本よ

り海外で有名なのが不思議。どうりで外人観光客が多い。


Dsc01660_2th

お猿の撮影に終始顔が緩みっぱなしのプーヤン。本当に

動物好きなのだ。それにしてお猿の写真ばっかだったsweat01


Img_1161_2th

温泉を引くパイプラインの上が暖かいので、その上に集

まって体を寄せ合う3匹の子猿。マジで可愛いすぎだわ。


2th

川原から吹き上げる地獄谷の噴泉。天然記念物でなんと

3500万年前から出てるらしい。地底から吹き出す音。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper


Img_1513_2th

野猿公苑から見た後楽館の全景。よくみたら角部屋に僕

が写ってるけど判るかな?冬場のせせらぎの音は超寒し。


Img_0963_2th

通された部屋は角部屋の明るい部屋。ただし…障子を開

けると冷気が飛び込んでくる。まあ冬だから仕方ないか。


Img_1256_2th

温泉宿のクオリティは内湯で決まると個人的に思ってる。

源泉が80℃以上もあるので単純に湧き水で薄める方式。


162426_2th

温度計を見るとなんと47℃!かなり熱い。膝から下が

ヒリヒリするけど気合いで。湯上がりはホカホカになる。


Img_1257_2th

こちらは女性用の露天風呂。野猿公園の入り口から丸見

えになるので葦簀で囲ってある。こちらはちょっと温め。


Img_1232_2th

混浴露天にはお猿さんが達がいた。野猿公苑よりこっち

のほうがユッタリ。さすがに混浴する気にはなれないが。


Img_1269_2th

雪の中の温泉宿。夕食は秘湯らしく暖まる“鴨鍋”が提

供された。この出汁を使った雑炊が美味いと評判だった。


Img_1279_2th

自分達以外の宿泊客は全て外人さん。彼らは野生の生き

物を撮影するツアーで数日後には北海道へ行くらしい…。


Dsc06830_2th

昨年のこの時期より雪が少なめだったけど秘湯情緒を満

喫できる温泉宿だった。お猿の撮影ができたぷーやんも

満足らしい。ということで次なる目的地へ移動しますdash


地獄谷温泉spa後楽館

spa泉質:含食塩石膏泉、72.9℃
flair源泉率:100%、浴槽換水:毎日
house長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6818
telephone(0269)33−4376

地獄谷温泉・後楽館のページはコチラを参照sign03


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ読んだらポチしてね!ありがとう!


|

« 僕のアンチエイジング法 (^^) | トップページ | プライマーミーティング »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

温泉につかるお猿さん、かわいすぎます!
夢中になるのがわかりますね\(^o^)/
日本なのに、宿には自分たちしか日本人がいないなんてものすごく不思議な気分だったでしょうね(^^)

投稿: きょうこ | 2014年2月18日 (火) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/59135569

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の中の秘湯・地獄谷温泉:

« 僕のアンチエイジング法 (^^) | トップページ | プライマーミーティング »