« 花巻鉛温泉spa藤三旅館 | トップページ | 白布温泉・湯滝の宿西屋 »

2015年5月13日 (水)

泥湯温泉・奥山旅館spa


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


全18カット、2ページあります!


Img_4158_2th

これ横手焼きそばと申します。ソースと出汁で焼き上げ

半熟卵で食べるのでシットリ。B級グルメで優勝だって。


Dsc08970_2th

何となく?を感じつつ横手付近を走ってます。前日の花

巻からまた秋田側へ。東北を左右しながら南下中です。


Dsc08999_2th

湯沢から国道398号で小安峡を方面へ。途中右折して

川原毛地獄の大湯滝でひと風呂と思ったりもしたけど…。


Img_4178_2th

夏場は熱い湯の川もこの季節はまだ冷たかった…。仕方

ないので滝には降りずにそのまま本日の目的地に向かう。


Dsc09019_2th

今日の泊まりは泥湯温泉。この辺りは道の両側から温泉

ガスが噴出してて、よく道がつけ替わる危険地帯ですね。


Dsc09023th_2

↑↑↑画像をクリックすると拡大します!!!

周囲に民家もない山道を暫し行くと、俄に時代劇のセッ

トのような集落が現れます。ここが秋田の秘湯泥湯温泉。


Dsc09065_3th

川原毛地獄から秋ノ宮に抜ける県道310号は何度か走

ったけど泥湯はいつも通過するだけで…今回初逗留です。


Img_4248_2th

泊まりは奥山旅館。鄙びた外観に私はとてもそそられる

ものがあって、街道の旅籠か西部劇の駅舎の雰囲気です。


Img_4185th_3

部屋は広くはないけどこ綺麗で、布団もとても気持ちが

良かったです。リラックスできる宿としては十分ですね。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper



Img_4261_2th

走りの後はまず館内の内湯でゆっくり汗を流す。ここは

日帰り入浴客がいません。脱衣場が混むのは嫌なので…。


Img_4293_2th

秘湯の食事に懐石等を期待するのはお門違い。他所でど

うぞ!地元の川魚や山菜を使った家庭料理こそ相応しい。


Img_4197_3th_2

どうやら宿泊棟の外湯が泥湯のメインのようです。集落

全体に硫黄臭が漂ってるので湯巡りの雰囲気がいいです。


Img_4227_2th

外湯の天狗の湯。ここから男女別露天、混浴露天に続い

てますが、日帰り入浴が多いので撮影はしませんでした。


Img_4506th

私的にはこの貸切風呂が気に入りました。貸切にしては

階段風呂があったり十分な広さで湯量も申し分なしです。


Img_4326_2th

朝食も山の幸を使ったヘルシーな内容でありがたいです。

温泉宿の食事が高カロリーであっては意味がないからね。


Img_4237_2th_2

出発前にもうひと風呂…ということで男女別の大野天風

呂へ。湯上がりで湯冷めしないように配慮されてますね。


Img_4246th

当館で最も大きい湯船です。何㍍も雪が積もる冬場は湯

温を維持するのも大変そうですが野趣溢れる開放感です。


Img_4247_2th

その昔、恥ずかしがる乙女の為に天狗が湯の色を白濁さ

せたという泥湯温泉。やっと泊まれてとても満足でした。


泥湯温泉spa奥山旅館

spa硫化水素泉、単純硫黄泉、
house秋田県湯沢市高松字泥湯沢25
telephone(0183)79-3021

泥湯温泉・奥山旅館のサイトはコチラを参照下さい!!!


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 花巻鉛温泉spa藤三旅館 | トップページ | 白布温泉・湯滝の宿西屋 »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/61598318

この記事へのトラックバック一覧です: 泥湯温泉・奥山旅館spa:

« 花巻鉛温泉spa藤三旅館 | トップページ | 白布温泉・湯滝の宿西屋 »