« 外で楽しむランチ (^^) | トップページ | 梅も満開、2月スタート!!! »

2016年1月31日 (日)

温泉宿考①:かけ流しと循環風呂


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


↓↓↓お気に入りの温泉宿、妙見温泉・石原荘

Img_3808_2

源泉かけ流しと循環風呂、同じ温泉でも各宿の提供する

湯はまちまち。これは温泉の泉質という以前の段階の話

で、言い直せば本物とまがい物のそれの違いです。何度

も使い回しされて成分が劣化した挙げ句、塩素消毒され


て提供される湯が、温泉本来の身心のリラグゼーション

をもたらすはずもなく、ただ低温で気化する塩素を大量

に吸い込んで、のぼせた状態を「イイ湯だな…」などと

勘違いしてる訳です。普段から浄水器で浄水された湯に


浸かってる自分には、循環風呂の温泉はさながらプール

と同じ塩素臭がしてゆっくり浸かる気分にはなれません。

自分が温泉宿に興味を持ったのは、何も観光業界に長年

いたからではなくちょっとした身体のセンサーがビジネ


Lect10_1

spaこちらを参照→温泉教授の温泉講座


スポリシーを刺激したからなんです。街の銭湯ならいざ

知らず、健康に貢献しない偽物を「温泉」と称して高額

な料金で提供するまやかしの現状。そんな中で少ないな

がらも本物の湯を提供する温泉宿に触れることで、身心


共にリラックスして、自分のビジネス感がブレないよう

にしたいと思っています。性格上、儲かれば売れれば良

いという商売はできません。ビジネスである限り何処に

出ても胸を張って提案できるモノやサービスに、常に触


れていたい…その感覚に仕事やプライベートの区別はあ

りません。胸を張って外国のお客様に提供できる日本の

資源が温泉なら、その中身も内容も本物であるべきです。

団体旅行の宴会を目的とした温泉はもう過去の遺物です。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!


|

« 外で楽しむランチ (^^) | トップページ | 梅も満開、2月スタート!!! »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/63152250

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉宿考①:かけ流しと循環風呂:

« 外で楽しむランチ (^^) | トップページ | 梅も満開、2月スタート!!! »