« 愛馬で南飛騨の山奥へ!!! | トップページ | 南飛騨→木曽→乗鞍へ(^^) »

2016年4月14日 (木)

濁河温泉spa朝日荘


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


Img_0018


今年も47パーティーのアフターということで、南飛騨

の秘湯・濁河(にごりご)温泉、朝日荘にやってきました。

この時季下呂方面から鉄馬で走って来るのはちょい根性。


Img_9935th


御岳山の6合目に位置する濁河温泉は日本一高い所に湧

く温泉らしい。どうりで道中寒かった訳だ。でも部屋を

含めて全館が温泉を使った床暖房でとても暖かいのです。


Img_9960th


夕方の5時半に到着したにもかかわらず、若主人が夕食

の前に貸切風呂の予約を取ってくれたので、冷えた身体

をゆっくり温められました。こちらは貸切の内風呂です。


Img_0082th


にごりご温泉というだけあってお湯も濁り湯なんですね。

鉱物成分を多く含んだ温泉らしい湯は個人的に大好きで、

こんなお風呂を貸切で使えるというのは本当に贅沢です。


Img_0027th


自家源泉をもつ当館のお湯は無添加・無消毒の100%

源泉かけ流し。ホンモノの温泉は極上のリラグゼーショ

ンが手に入ります。湯に拘る姿勢は宿業にも反映します。


Img_0019


こちらは男女別の内湯と露天風呂です。目の前に広がる

原生林を眺めながらゆっくり疲れをとる…紅葉の季節に

来るのもいいですね。でも温泉は平日に来るに限ります。


Dsc00738_2th


近頃すっかり温泉づいてる私達ですが、娘が増えてから

更にその傾向が強まってます…ファミリーがリラックス

して楽しめる夕食はやっぱり日本旅館が一番でしょうね。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper



Img_9897th


地元の山菜や飛騨地方の食材を使った心温まる料理です。

上手い地酒を飲みながら前菜から頂く…本物の湯を提供

する宿は料理や食材にも拘りを感じるのが僕の見解です。


Img_0020


山奥の秘湯宿というと料理にはそこまで期待できないも

のですが当館はいい意味でその思いを裏切ってくれます。

運ばれてくる一品一品の料理がどれも美味しくて驚き!!


Img_0011th


夕食後はくつろぎ処のラウンジでゆっくりできます。珈

琲と紅茶が無料でサービスされてるのが有り難いですね。

こんなモテナシは他の宿でもぜひ取り入れて欲しいです。


Img_0172th


4月というのに朝は小雪が散らつく寒さの中、朝風呂で

目を覚まします。温泉宿に来た時のルーチンワークです。

僕の場合この時間の過ごし方が一日の決め手になります。


Img_0021


朝食は身体に負担のかからないメニューがさりげなく提

供されます。自家製の朴葉味噌で思わずご飯がすすんで

しまいますが、夕食、朝食ともとても美味しかったです。


Dsc00770th


ご主人と女将さん、若主人夫妻ともにとても気さくで娘

も可愛がってもらいました。アットホームな雰囲気も当

館の魅力の一つだと思ます。また来たいと思いました!


Dsc00707th


僕は長年旅行業界にいたせいで、日本人のもてなす心に

思うところが多く、先代を継がれた若い主人の思いが随

所に感じられました。遠くてもぜひ訪れて欲しい宿です。


濁河(にごりご)温泉spa朝日荘

spa含土類芒硝泉、53℃
house岐阜県下呂市小坂町落合2383
telephone(0576)62−3528


濁河温泉朝日荘のサイトはコチラを参照下さい!!!


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 愛馬で南飛騨の山奥へ!!! | トップページ | 南飛騨→木曽→乗鞍へ(^^) »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/63486931

この記事へのトラックバック一覧です: 濁河温泉spa朝日荘:

« 愛馬で南飛騨の山奥へ!!! | トップページ | 南飛騨→木曽→乗鞍へ(^^) »