« 南飛騨→木曽→乗鞍へ(^^) | トップページ | スーパー林道から天下第一の桜 »

2016年4月16日 (土)

乳白色の湯spa白骨温泉


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


Dsc01342th_2


白骨温泉は松本からR158で上高地の玄関口である沢

渡から入ります。近年、新しく道がついて冬季でも通行

可能となりました。スーパー林道で迂回せずに行けます。


Img_0498th


白骨温泉は3度目ですが、今回は泡ノ湯に泊まることに

しました。温泉街から少し離れてますが秘湯情緒溢れる

温泉宿です。天気は良かったのですが周囲はまだ残雪が。


Img_0501th_2


玄関はノスタルジックな本館にあります。旧き良き湯治

宿の雰囲気を残してあるのでしょう。赤々と燃えるスト

ーブがまだ雪深い乗鞍岳の麓に来た事を教えてくれます。


Img_0636th


そして僕達が泊まったのはこちらの新館です…。本館と

合わせて全24室はゆったり過ごせる温泉宿の範疇です。

個人的には団体客を入れないキャパシティがいいですね。


Img_0417th


新館3階の萌黄という広縁付の和室十畳の部屋で、最も

部屋数が多いスタンダードタイプです。僕の場合トイレ

は別として部屋付の風呂は必要ないのだけど付いてます。


Dsc01360th


毎分1800㍑という豊富な湯量を誇る当館です。内湯

には源泉37℃のぬる湯と熱交換で昇温したあつ湯があ

ります。檜造りの昔ながらの湯治場の雰囲気がいいです。


Dsc01401th


白骨温泉も近年泉質が変わったと言われてますが、無色

透明の湯も空気に触れると乳白色に変化します。大露天

風呂は濁り湯だけに混浴にもほとんど抵抗感がないです。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper


Img_0103


山深い宿でも夕食は質量ともかなりなもの…前菜にこれ

だけのメニューとは。チーズフォンデュには驚きですが

これが信州の美味い地酒にとても合うのには驚きでした。


Img_0099


お造り、煮物、焼き物、揚げ物、強肴と懐石料理がタイ

ミング良くサーブされますが、山奥の宿ということを忘

れてしまいそうです。ここ迄でお腹が一杯になりました。


Img_0100


締めはご飯の代わりに一人とうじ蕎麦。大根、人参、蒟

蒻、鶏肉、長葱入りの温かい出汁につけていただきます。

これがくるなら前半の料理は少しセーブしておいたのに。


Img_0490th


翌日も朝から快晴で大露天風呂に突撃。当館のウリはや

っぱりこのお風呂なんだろうな…季節や天気、時間帯に

よって色が変化するし炭酸を含むお湯も人気の秘訣です。


Dsc01573th


温泉宿の評価対象はもしかしたら夕食よりも朝食にある

のかもしれません。ヘルシーな温泉文化にヘルシーな食

事はまさにワンセットですから。温泉粥が嬉しすぎます。


Img_0536th


朝食後は憩い処で珈琲か紅茶がサービスされてます。こ

うした無料サービスはどの温泉宿もぜひ取り入れて頂き

たいところ。朝食後や出発前の過ごし方は大切ですから。


Img_0492th


旧さと新しさがよく調和した宿でした。外人客も多いら

しく日本の伝統的な温泉文化を正しく伝える温泉宿です

ね。平日でも賑わってて経営者の意気込みを感じました。


白骨温泉spa泡ノ湯

spa重曹硫化水素泉、38℃
house長野県松本市安曇白骨4181
telephone(0263)93-2101


泡ノ湯のサイトはコチラ参照して下さい!!!


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 南飛騨→木曽→乗鞍へ(^^) | トップページ | スーパー林道から天下第一の桜 »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/63510193

この記事へのトラックバック一覧です: 乳白色の湯spa白骨温泉:

« 南飛騨→木曽→乗鞍へ(^^) | トップページ | スーパー林道から天下第一の桜 »