« 仁淀ブルー、2度目のトライ (^^)/ | トップページ | 愛南、足摺岬から四万十市へ »

2016年6月 3日 (金)

樫谷の棚田と最高のサンセット


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


全14カット、2ページあります!


Img_1505


本日から6月、旅の6日目です。内子町の肱川沿いのキ

ャンプ場です。今日鮎漁の解禁といことで僕らの他にも

鮎釣りの人達が夜営してたね。朝もしっかり食べて出撃。


Dsc06790th


内子から長浜に向けて小一時間走ったあと、白滝という

所で線路を渡って山道に入ります。ハーレーが乗り入れ

てくる道ではないけど、棚田巡りツーではありふれた道。


Dsc06793th


路面が荒れた狭路に落ち葉積もってるので慎重にドライ

ブします。先般の佐渡島の棚田ほどハードではないけど、

フロントフォークと前ブレーキの強化は必須に思います。


Dsc06807th


棚田への山道をこれまた小一時間、途中ハプニングがあ

ったけど(後述)、無事に樫谷の棚田につきました。実に

感動的なライステラスが目の前に広がってて驚きました。


Img_1023_2th


ここは昨年も訪れるはずでしたが、バイクのトラブルで

断念した場所。東京に帰ってからリョージが送ってくれ

た写真を見て嗚呼…。朝の残りのオニギリで腹ごしらえ。


Img_1072th


泉谷の棚田ほどの斜度はないものの、全景は広角でも入

りきらないスケール。驚いたのはこの枚数の棚田を僅か

5〜6軒の農家で維持してる事。休田も殆どありません。


Img_1507


棚田を訪れると農家の人の邪魔にならないようにトレッ

キングします。ミリタリーブーツがとても重いですが…。

棚田オーナー制度も始まって色んな人に話が聞けました。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper


Img_0964th


大洲辺りの平地と違って日照の関係で稲の育ちが遅いら

しい。畦の雑草も刈り取って栄養として田植え前の泥田

に入れてしまう…農家の人に聞いて初めて知った事です。


Img_1508


樫谷の棚田は景観を残そうと多くの人々の努力が伝わっ

てとても感動したし、地元の人達も僕の品川ナンバーを

見ていたく感動してくれた。本当に暖かい場所だと思う。


Dsc06897th


ここは農水省認定の日本の棚田百選には入ってませんが、

とても印象に残る棚田でした。さて心地良い棚田にすっ

かり長居してしまい先を急がなければいけなくなった…。


Img_1509


というのも…往きの山道でリョージのバイクのクラッチ

ワイヤーが断裂、放置してきたので修理しないとアカン。

そこにパーツ持参で救援に出現したのが神様仏様岡田様。


Img_1511


数時間の格闘の末になんとかリペアOK。同世代の岡田

さんがまるで天使に見えた。そのまま二見方面に走って

下灘駅で大阪から来たハナちゃんと無事合流。お待たせ。


Dsc06907th


下灘駅は日本で一番海に近い場所にある駅としてCMで

も使われたくらい有名だそうな。これまた知らなかった。

増田さんに教えてもらったダッシュ島も向こうに見えた。


Img_1059th


バイクのトラブルで時間をくって松山から友達を走らせ

るハメになったが、最高のサンセットに巡りあう事がで

きた。この夕陽を見て友も許してくれたのではないかな。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 仁淀ブルー、2度目のトライ (^^)/ | トップページ | 愛南、足摺岬から四万十市へ »

日本の原風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/63763219

この記事へのトラックバック一覧です: 樫谷の棚田と最高のサンセット:

« 仁淀ブルー、2度目のトライ (^^)/ | トップページ | 愛南、足摺岬から四万十市へ »