« ちょっと負けすぎ… | トップページ | 元気爆発の週末…(*^_^*) »

2016年7月15日 (金)

千人風呂の金谷旅館


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


全14カット、2ページあります!


Img_1488th


先週のカヤックスクールのあとは、家族で下田の河内温

泉に泊まって、ゆっくり疲れを癒してから帰ることにし

ました。以前から一度泊まってみたかった金谷旅館です。


Img_1484th


千人風呂で有名な老舗旅館ですけど、この日は日曜日の

宿泊とあって宿は閑散としてました。お客である僕達に

とってはそのほうがゆっくりできて有り難いのだけど…。


Dsc08135th


玄関を上がると帳場があって、廊下がこのように奥に続

いてます。老舗の宿はまずエントランスの空気からリラ

グゼーションを得られます。どこか懐かしい佇まいです。


Img_1359th


階段を昇って細い廊下を歩いて二階の二間続きの部屋に

通されました。家族で訪れると大きめの部屋が用意され

てる事が多いね…ホテルと違ってそこが温泉宿のいい処。


Img_2115th


早速、海で遊んだ身体を流しに貸切風呂の“一銭の湯”へ。

明治時代にできた当館では最も古い風呂らしい。熱さ別

に湯船が三つに分かれてます。6人位は一緒に入れそう。


Img_1603th


こちらは女性専用の“万葉の湯”。ここも温度と深さが違

う四つの湯槽に別れてます。日帰り入浴もできるので伊

豆のイベントの後に女性達を連れてきてあげたらいいね。


Img_2114th


僕はゆっくり湯に浸かりたいタイプだから、夏の湯上が

りは少し涼む時間が必要です。ここの浴衣はとても気持

ちいい。本物の湯を提供する宿は浴衣にも拘るんですね。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper


Img_2120


伊豆に来るとやっぱり夕食の料理は魚が中心になります。

そこがまたお客の楽しみでもあります。食事は部屋食で

愛想のとても良い仲居さんが二人で配膳してくれました。


Img_1554th


一品一品の手料理感が溢れる夕食は、決して華美ではな

いけど伊豆の味覚と情緒が味わえます。南伊豆の宿全般

に言える事ですが、どこも料理に外れはない気がします。


Img_1518th


ドカーンと登場した舟盛りは当館の名物です。伊勢エビ、

ホタテ、生しらす、カンパチ、むつ、マグロ…新鮮な魚

がズラリ。東京の料理屋よりも絶対にお得だと思います。


Img_1735th


こちらが当館の名物で混浴の“千人風呂”です。翌朝一番

で入りましたが月曜日なので完全貸切。この広さ、この静

けさは贅沢すぎる時間です。やっぱ平日泊がお奨めです。


Img_1650th


こちらは男女別露天風呂。一つ注文をつけると…日帰り

入浴の営業が夜十時迄とは長すぎ。宿泊客が落ち着いて

入浴できないし、入浴マナーも徹底して頂きたい処です。


Dsc08166th


湯に浸かった後ゆっくり身体を休めらる部屋。温泉場の

情緒が溢れてとてもいい空間ですが、夕方は日帰り客に

占領されてしまうので、老舗宿として一考願いたいです。


Img_1758th


朝ご飯も部屋食で頂きました。温泉宿はやっぱり宿泊客

が少ない平日に利用するのがお奨めです。コストパフォ

ーマンスが全然違います。ということで一度泊まってみ

たかった金谷旅館は中々良かったです。皆でまた来ます。


伊豆下田河内温泉spa金谷旅館

spa単純泉、55℃
house静岡県下田市河内114−2
telephone(0558)22−0325

※金谷旅館のサイトはコチラを参照して下さい!!!


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« ちょっと負けすぎ… | トップページ | 元気爆発の週末…(*^_^*) »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/63921420

この記事へのトラックバック一覧です: 千人風呂の金谷旅館:

« ちょっと負けすぎ… | トップページ | 元気爆発の週末…(*^_^*) »