« 冬の北海道の旅も楽しかった。 | トップページ | 今日はひな祭り »

2017年2月16日 (木)

青根温泉・湯元不忘閣へ


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


Img_7283


北海道からの帰路、青森から東北道で東京へ向かう途中、

蔵王に寄り道していくことに。青根温泉・不忘閣。この

ブログで何度も紹介してる僕のお気に入りの温泉宿です。


Img_7264


仙台藩主の湯治場だけあって伊達家ゆかりの品々が展示

されてます。新湯(上)も大湯(下)も浴槽の石は当時から

のものなので、往時を偲びながら湯を楽しむ事ができる。


Img_5785th


この部屋は70段上らないといけないが見晴らしが素晴

らしい。山本周五郎の小説「樅の木は残った」に登場する

樅の木も目の前に。遠く青葉城からの狼煙も見えるよう。


Img_7259


当館には古い土蔵が三つ並んであるが、その一つが蔵湯

という貸切風呂になっている。浴槽は檜、太い梁が張っ

てある高い天井。贅沢な湯浴みを楽しめる空間だと思う。


Img_7268


湯上がりにサリィと一緒に娯楽室で一杯、古いオルガン

にご執心でした。部屋への長い階段も一人で昇ったのに

は驚きでした。長旅の疲れを癒すには最高の温泉宿です。


Img_5801th


地酒“蔵王”を頂きながら歴代の仙台藩主が泊まっていた

という青根御殿です。こういう旧き良き日本の建築物を

残すのも温泉宿の楽しみの一つ。隙間風ウエルカムです。


Img_5831th_2

↑↑↑画像をクリックすると拡大します。


当館のもう一つの魅力は懐石料理にあります。温泉宿の

中でも品数はかなり多く男の僕でも全て食べ切れません。

今回も揚げ物が消えてましたがお品書きとしては圧倒的。


Img_7271_2


料理の一品一品が彩り豊かで手のこんだもの。焼き物は

カマクラの中で雪だるまと一緒に明かりが灯るしつらえ。

また椀の蓋の裏に伊達家の家紋も…料理は雰囲気も大切。


Dsc02396th


本来は一品ずつ絶妙の時間でサーブされる会席膳方式で

すがここでは全出しに並べてみました。写真に収まらな

い…。これだけで当館のコスパの高さが判ると思います。


Img_5870th


地酒と会席膳で超満腹になった状態ではいかなるデザー

トもお預け状態。しばらくじーっと見つめて写真に収め

た後は隣りのプーヤンのお腹に消えていきました。合掌。


Dsc02464th


昨夜の吹雪が嘘のように止んで綺麗に晴れ上がった翌朝。

半露天の小さな貸切風呂、亥之輔の湯にて。当館には4

つの風呂があるが露天は無し…湯質の良さを物語ります。


Dsc02518th


朝風呂のあとサリィに窓からツララを取ってあげました。

初めて触れたこの不思議なシロモノに興味津々で暫しチ

ュララチュララと連呼してました。季節を感じる旅だね。


Dsc02509th


個人的に温泉宿の心遣いって日本人らしい簡素な朝食に

あると思ってます。身体に優しい定番のメニューにこそ

その宿の個性が表れるもの。温泉宿通ぶってますけどね。


Img_7256


北海道から続いた旅も今日でお終い。その餞のように綺

麗に晴れ渡りましたね。雪に埋もれた当館の玄関門と

湯治場としての雰囲気を残す外観も僕のお気に入りです。


青根温泉spa湯元不忘閣

spa単純温泉、52℃
house宮城県柴田郡川崎町青根温泉1-1
telephone(0224)87−2011

青根温泉・不忘閣のサイトはコチラを参照flair


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!

|

« 冬の北海道の旅も楽しかった。 | トップページ | 今日はひな祭り »

お奨めの温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543726/64912925

この記事へのトラックバック一覧です: 青根温泉・湯元不忘閣へ:

« 冬の北海道の旅も楽しかった。 | トップページ | 今日はひな祭り »