お奨めの温泉旅館

2017年2月16日 (木)

青根温泉・湯元不忘閣へ


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


Img_7283


北海道からの帰路、青森から東北道で東京へ向かう途中、

蔵王に寄り道していくことに。青根温泉・不忘閣。この

ブログで何度も紹介してる僕のお気に入りの温泉宿です。


Img_7264


仙台藩主の湯治場だけあって伊達家ゆかりの品々が展示

されてます。新湯(上)も大湯(下)も浴槽の石は当時から

のものなので、往時を偲びながら湯を楽しむ事ができる。


Img_5785th


この部屋は70段上らないといけないが見晴らしが素晴

らしい。山本周五郎の小説「樅の木は残った」に登場する

樅の木も目の前に。遠く青葉城からの狼煙も見えるよう。


Img_7259


当館には古い土蔵が三つ並んであるが、その一つが蔵湯

という貸切風呂になっている。浴槽は檜、太い梁が張っ

てある高い天井。贅沢な湯浴みを楽しめる空間だと思う。


Img_7268


湯上がりにサリィと一緒に娯楽室で一杯、古いオルガン

にご執心でした。部屋への長い階段も一人で昇ったのに

は驚きでした。長旅の疲れを癒すには最高の温泉宿です。


Img_5801th


地酒“蔵王”を頂きながら歴代の仙台藩主が泊まっていた

という青根御殿です。こういう旧き良き日本の建築物を

残すのも温泉宿の楽しみの一つ。隙間風ウエルカムです。


Img_5831th_2

↑↑↑画像をクリックすると拡大します。


当館のもう一つの魅力は懐石料理にあります。温泉宿の

中でも品数はかなり多く男の僕でも全て食べ切れません。

今回も揚げ物が消えてましたがお品書きとしては圧倒的。


Img_7271_2


料理の一品一品が彩り豊かで手のこんだもの。焼き物は

カマクラの中で雪だるまと一緒に明かりが灯るしつらえ。

また椀の蓋の裏に伊達家の家紋も…料理は雰囲気も大切。


Dsc02396th


本来は一品ずつ絶妙の時間でサーブされる会席膳方式で

すがここでは全出しに並べてみました。写真に収まらな

い…。これだけで当館のコスパの高さが判ると思います。


Img_5870th


地酒と会席膳で超満腹になった状態ではいかなるデザー

トもお預け状態。しばらくじーっと見つめて写真に収め

た後は隣りのプーヤンのお腹に消えていきました。合掌。


Dsc02464th


昨夜の吹雪が嘘のように止んで綺麗に晴れ上がった翌朝。

半露天の小さな貸切風呂、亥之輔の湯にて。当館には4

つの風呂があるが露天は無し…湯質の良さを物語ります。


Dsc02518th


朝風呂のあとサリィに窓からツララを取ってあげました。

初めて触れたこの不思議なシロモノに興味津々で暫しチ

ュララチュララと連呼してました。季節を感じる旅だね。


Dsc02509th


個人的に温泉宿の心遣いって日本人らしい簡素な朝食に

あると思ってます。身体に優しい定番のメニューにこそ

その宿の個性が表れるもの。温泉宿通ぶってますけどね。


Img_7256


北海道から続いた旅も今日でお終い。その餞のように綺

麗に晴れ渡りましたね。雪に埋もれた当館の玄関門と

湯治場としての雰囲気を残す外観も僕のお気に入りです。


青根温泉spa湯元不忘閣

spa単純温泉、52℃
house宮城県柴田郡川崎町青根温泉1-1
telephone(0224)87−2011

青根温泉・不忘閣のサイトはコチラを参照flair


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

伊豆の踊子…湯本館


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


先週の今年の初ツーリングで久々に泊まった湯ヶ島温泉

湯本館を紹介。雨中を強行突破してきた理由が判ります。

◎2011年2月17日のブログより


Dsc00936th


修善寺から15分も走れば湯ヶ島温泉。ノーベル賞作家

川端康成が愛した湯本館は小説「伊豆の踊子」の舞台にな

なった旅館です。11室しかないけど名湯、名旅館です。


Dsc00882th


「伊豆の踊子」に出てくるそのままの風景。主人公でもあ

る学生時代の川端はこの位置に座って、玄関先で舞う踊

り子を観てたんだね。ナイーブな青年の気分に戻れます。


Dsc00798th


川端をはじめ多くの文人墨客に愛された当館ですが、今

回泊まったのは“山桜”と名付けられた部屋。詩人の若山

牧水が逗留していたという渓流沿いの静かな部屋でした。


Img_6093th


狩野川沿いに自然と同化したように佇む露天風呂。ここ

は貸切利用になっているので、瀬音を聞きながら贅沢な

湯浴みを楽しむ事ができる。適温の湯が素晴らしいです。


Img_6325


こちらの内湯は24時間解放されてます。全て100%

源泉かけ流しなので長湯も平気。この湯に浸かりながら

筋書きを練る川端になってみたが…凡人には何も閃かず。


Dsc00894th


夕食の猪鍋はあっさりとしていてとても美味。季節の食

材をふんだんに取り入れてるのがいいです。食事は全て

部屋食なのでお風呂から戻っても温かいままに頂けます。


Img_6326


帝大生時代にずっと逗留して小説を書いていた川端康成。

宿泊代は全てツケだったそうですが才能を見越したご主

人の眼は凄かった。でもまさか毎日こんなご馳走では…。


Dsc00875th


川端康成がずっと逗留してた部屋は今は宿泊者に見学開

放されてます。僅か四畳半で窓からの景色も良くない…

当館の支援あってこそのノーベル文学賞だったんですね。


Dsc01026th


朝は眠たい眼をこすりながら階下に降りて、寒い外気と

温かい湯に浸かって眠気を覚ます。一日のスタートとし

てはこの方法に勝るものはないでしょう。気分も爽快に。


Dsc01043th


朝食は華美なものはいらずお腹に優しいメニューになる

のが温泉旅館の良いところ。当館もその類に漏れません。

小さな宿だからこそリラックスできる…そんな名宿です。


湯ヶ島温泉spa湯本館

house静岡県伊豆市湯ヶ島1656−1
telephone(0558)85−1028

湯本館のサイトはこちらを参照下さい!!!


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

千人風呂の金谷旅館


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


全14カット、2ページあります!


Img_1488th


先週のカヤックスクールのあとは、家族で下田の河内温

泉に泊まって、ゆっくり疲れを癒してから帰ることにし

ました。以前から一度泊まってみたかった金谷旅館です。


Img_1484th


千人風呂で有名な老舗旅館ですけど、この日は日曜日の

宿泊とあって宿は閑散としてました。お客である僕達に

とってはそのほうがゆっくりできて有り難いのだけど…。


Dsc08135th


玄関を上がると帳場があって、廊下がこのように奥に続

いてます。老舗の宿はまずエントランスの空気からリラ

グゼーションを得られます。どこか懐かしい佇まいです。


Img_1359th


階段を昇って細い廊下を歩いて二階の二間続きの部屋に

通されました。家族で訪れると大きめの部屋が用意され

てる事が多いね…ホテルと違ってそこが温泉宿のいい処。


Img_2115th


早速、海で遊んだ身体を流しに貸切風呂の“一銭の湯”へ。

明治時代にできた当館では最も古い風呂らしい。熱さ別

に湯船が三つに分かれてます。6人位は一緒に入れそう。


Img_1603th


こちらは女性専用の“万葉の湯”。ここも温度と深さが違

う四つの湯槽に別れてます。日帰り入浴もできるので伊

豆のイベントの後に女性達を連れてきてあげたらいいね。


Img_2114th


僕はゆっくり湯に浸かりたいタイプだから、夏の湯上が

りは少し涼む時間が必要です。ここの浴衣はとても気持

ちいい。本物の湯を提供する宿は浴衣にも拘るんですね。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper

続きを読む "千人風呂の金谷旅館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

蓮台寺温泉・清流荘


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


全12カット、2ページあります!


Img_0735th


朝風呂イチバン。南伊豆は下田の蓮台寺温泉にきてます。

本日はカヤックスクールがあって前日からの投宿。下田

はよく行く宿が閉館してしまい今回初めて泊まる宿です。


Img_0822


蓮台寺温泉は以前からチェックしてて金谷旅館が有名で

すが、今回は閑静な雰囲気の印象があった清流荘に泊ま

ってみました。老舗の旅館らしいので紹介しときますね。


Img_0823


レトロでもないけど館内は昭和のモダンな雰囲気があり

ますね。旅館というよりホテルの感覚。今年で77周年、

かつてカーター米大統領も訪れたことがあるらしいです。


Dsc05667th


泊まった部屋は最もスタンダードな部屋ですが、それで

も次の間もあってアウトバス派の僕は満足です。VIP

と泊まる時などはグレードの高い部屋がいいと思います。


Dsc05722th


大浴場は洗い場が広いのがポイントでしょうが、こちら

の内風呂はとても居住性が良かったです。温泉付の部屋

が多いせいか週末でも人で混み合うことがなかったです。


Dsc05730th


時間制で男女入替になりますがこちらの露天風呂はとて

も良かったです。朝一番は貸切状態で贅沢な時間でした。

南伊豆の湯は無味無臭なので幾らでも浸かってられます。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper

続きを読む "蓮台寺温泉・清流荘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

乳白色の湯spa白骨温泉


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


Dsc01342th_2


白骨温泉は松本からR158で上高地の玄関口である沢

渡から入ります。近年、新しく道がついて冬季でも通行

可能となりました。スーパー林道で迂回せずに行けます。


Img_0498th


白骨温泉は3度目ですが、今回は泡ノ湯に泊まることに

しました。温泉街から少し離れてますが秘湯情緒溢れる

温泉宿です。天気は良かったのですが周囲はまだ残雪が。


Img_0501th_2


玄関はノスタルジックな本館にあります。旧き良き湯治

宿の雰囲気を残してあるのでしょう。赤々と燃えるスト

ーブがまだ雪深い乗鞍岳の麓に来た事を教えてくれます。


Img_0636th


そして僕達が泊まったのはこちらの新館です…。本館と

合わせて全24室はゆったり過ごせる温泉宿の範疇です。

個人的には団体客を入れないキャパシティがいいですね。


Img_0417th


新館3階の萌黄という広縁付の和室十畳の部屋で、最も

部屋数が多いスタンダードタイプです。僕の場合トイレ

は別として部屋付の風呂は必要ないのだけど付いてます。


Dsc01360th


毎分1800㍑という豊富な湯量を誇る当館です。内湯

には源泉37℃のぬる湯と熱交換で昇温したあつ湯があ

ります。檜造りの昔ながらの湯治場の雰囲気がいいです。


Dsc01401th


白骨温泉も近年泉質が変わったと言われてますが、無色

透明の湯も空気に触れると乳白色に変化します。大露天

風呂は濁り湯だけに混浴にもほとんど抵抗感がないです。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper

続きを読む "乳白色の湯spa白骨温泉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

濁河温泉spa朝日荘


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


Img_0018


今年も47パーティーのアフターということで、南飛騨

の秘湯・濁河(にごりご)温泉、朝日荘にやってきました。

この時季下呂方面から鉄馬で走って来るのはちょい根性。


Img_9935th


御岳山の6合目に位置する濁河温泉は日本一高い所に湧

く温泉らしい。どうりで道中寒かった訳だ。でも部屋を

含めて全館が温泉を使った床暖房でとても暖かいのです。


Img_9960th


夕方の5時半に到着したにもかかわらず、若主人が夕食

の前に貸切風呂の予約を取ってくれたので、冷えた身体

をゆっくり温められました。こちらは貸切の内風呂です。


Img_0082th


にごりご温泉というだけあってお湯も濁り湯なんですね。

鉱物成分を多く含んだ温泉らしい湯は個人的に大好きで、

こんなお風呂を貸切で使えるというのは本当に贅沢です。


Img_0027th


自家源泉をもつ当館のお湯は無添加・無消毒の100%

源泉かけ流し。ホンモノの温泉は極上のリラグゼーショ

ンが手に入ります。湯に拘る姿勢は宿業にも反映します。


Img_0019


こちらは男女別の内湯と露天風呂です。目の前に広がる

原生林を眺めながらゆっくり疲れをとる…紅葉の季節に

来るのもいいですね。でも温泉は平日に来るに限ります。


Dsc00738_2th


近頃すっかり温泉づいてる私達ですが、娘が増えてから

更にその傾向が強まってます…ファミリーがリラックス

して楽しめる夕食はやっぱり日本旅館が一番でしょうね。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper


続きを読む "濁河温泉spa朝日荘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

宮大工の匠、大正浪漫の宿


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


Img_9001th


2月の上越の後に訪れた信州の別所温泉です。ここは泉

質が良いのでお気に入りの温泉場ですが、今回泊まった

のは花屋です。宮大工が手がける純日本建築の旅館です。


Dsc09094th


玄関を上がるとすぐにレトロなシャンデリアにクラシッ

クな家具と椅子が置かれた瀟洒なロビーがあります。と

ても懐かしい空気が流れてる空間に思えるのは何故??


Img_8607_2th


和風と洋風を取り込んだ大正浪漫の風情が漂う部屋です。

このタイプの部屋がスタンダードらしいので中々贅沢な

宿だと思います。内風呂温泉付の部屋もあるのでぜひ!!


Img_9810


源泉かけ流しの3種類の温泉のうち内風呂が2つ。名物

の大理石風呂と伊豆石を使った若草風呂で、共に源泉か

け流しです。ステントグラスにも大正浪漫が漂ってます。


Img_8847th


ランプに欅の梁が調和したダイニングルーム。当館では

端的に食堂と呼ぶところがいいです。洋の風情と格調あ

る日本建築の融合が料理を頂く時間をとても楽しくする。


Img_9048th_2


夕食のお品書き。その土地の食材にこだわったご馳走も

温泉宿に泊まる楽しみの重要なファクタ−。信州や上田

の塩田平の地元の食材を使った、身体に優しい料理です。


Img_9817


夕食は時間をかけてゆっくりと楽しみたい…四季の味わ

いに料理長のアイデアが光る懐石料理です。朝食もボリ

ュームのわりにあっさりとした味。料理指数は高いです。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper

続きを読む "宮大工の匠、大正浪漫の宿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月29日 (月)

温泉宿考②:宿の雰囲気


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


未来の日本の温泉旅館…温泉教授、松田忠徳氏の見解に

全く同感です。著書からそのまま抜粋させてもらいます。

Img_9136_3th

かつての団体旅行主流の時代であれば、建物が立派、設

備が良いということが大切なポイントでした。ここでい

う雰囲気というのは、施設やおもてなし、接客、そこで

なにを得てどう癒されるかといったことを含んでいます。


突き詰めると「日本的」といってもいいかもしれない、癒

しの雰囲気です。当然、私のなかでは木造建築など「日

本的」なものが占めるポイントが高い。ただ料理の質や

おもてなしのことを考えると、従業員も生身の人間です


し、変わることもあるので評価が難しい部分があります。

しかし同時に、これからどう変わっていくのかという楽

しみもあります。すべてに生身の人間が関わっている。

その生身の人間というところが日本旅館の特色です…。


Img_8618_2th

日本旅館は人手が多くかかります。世界的に有名なチェ

ーンホテルであっても、東京で受けられるサービス、パ

リで受けられるサービス、全て基本的には均一です。こ

れが欧米のホテルのスタンダードです。彼らはそれが最


高のサービスだと考えている。ですが、より個性が求め

られる日本のおもてなしはそれとは違います。現在、欧

米のサービスと日本のサービスはごっちゃになってしま

っています。日本旅館に欧米のサービスを求めることは


おかしなことで、これが日本文化を壊し、日本人の癒し

の場を結果として失うことにつながっている気がしてな

りません。アメリカ型の職場が増えているなかで、同じ

ような宿が増えてしまえば私たち日本人が本当に落ち着

ける場がなくなってしまいます。(平成温泉旅館番付より)


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

ぬる湯のラジウム泉、自在館


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


日本の冬を楽しむのはやっぱ温泉。2月23日〜26日

迄新潟と長野に来てます。春の桜から季節が逆戻りです。

Img_8207th

新潟は魚沼市の栃尾又温泉・自在館。今年は暖冬といっ

てもここに来れば雪は豊富ですね。前から一度来ようと

思っててようやく実現しました。新潟はまだ春遠しです。


Dsc08832th

エントランス前にある寛ぎのスペース。ここでは温かい

お茶とコーヒー等が無料サービスです。こういうサービ

スを提供する宿ってありそうで結構ないもの。有り難い。


Dsc08743_2th

部屋はこじんまりとしてますが、雪国の場合はすぐに暖

まるのがいいね。僕の場合、部屋にお風呂は必要ないけ

どウオシュレット付のトイレがないと駄目なんですよね。


Dsc08950_2th

渡り廊下で向かいの大正棟を通って浴場へ。昔ながらの

湯治宿の趣を残す旧館は長期滞在の人にいいです。少な

くなってきた木造三階建て…保存も大変かと思われます。


Dsc08820th

大浴場のしたの湯。当館のウリは珍しい放射能泉。36

℃のぬる湯に1時間以上ゆっくり浸かるスタイル。湯殿

の雰囲気がいいですね。長湯するには落ち着けないとね。


Img_9970_2

同じ大浴場の奥の湯。時間制でしたの湯・うえの湯と男

女入替になります。霊泉と呼ばれる熱くもなく冷たくも

ないに湯に長湯するので、本などを持ち込んでみました。


つづきは↓↓↓をクリックしてネpaper

続きを読む "ぬる湯のラジウム泉、自在館"

| | トラックバック (0)

2016年1月31日 (日)

温泉宿考①:かけ流しと循環風呂


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑Welcome! Clic please! happy01


↓↓↓お気に入りの温泉宿、妙見温泉・石原荘

Img_3808_2

源泉かけ流しと循環風呂、同じ温泉でも各宿の提供する

湯はまちまち。これは温泉の泉質という以前の段階の話

で、言い直せば本物とまがい物のそれの違いです。何度

も使い回しされて成分が劣化した挙げ句、塩素消毒され


て提供される湯が、温泉本来の身心のリラグゼーション

をもたらすはずもなく、ただ低温で気化する塩素を大量

に吸い込んで、のぼせた状態を「イイ湯だな…」などと

勘違いしてる訳です。普段から浄水器で浄水された湯に


浸かってる自分には、循環風呂の温泉はさながらプール

と同じ塩素臭がしてゆっくり浸かる気分にはなれません。

自分が温泉宿に興味を持ったのは、何も観光業界に長年

いたからではなくちょっとした身体のセンサーがビジネ


Lect10_1

spaこちらを参照→温泉教授の温泉講座


スポリシーを刺激したからなんです。街の銭湯ならいざ

知らず、健康に貢献しない偽物を「温泉」と称して高額

な料金で提供するまやかしの現状。そんな中で少ないな

がらも本物の湯を提供する温泉宿に触れることで、身心


共にリラックスして、自分のビジネス感がブレないよう

にしたいと思っています。性格上、儲かれば売れれば良

いという商売はできません。ビジネスである限り何処に

出ても胸を張って提案できるモノやサービスに、常に触


れていたい…その感覚に仕事やプライベートの区別はあ

りません。胸を張って外国のお客様に提供できる日本の

資源が温泉なら、その中身も内容も本物であるべきです。

団体旅行の宴会を目的とした温泉はもう過去の遺物です。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑↑読んだらポチしてね!ありがとう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧